田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #87 倒伏の傾向

#87 倒伏の傾向

| トラックバック(0)

一昨日は台風が接近していたので、風がやたら強かったこともあり、
刈り取りを目前にして、寝ているイネが、だいぶ増えてきた。

肥効きの差.jpg


この田んぼでは、倒れている部分と、そうでない部分がはっきりと分かれている。
倒れていない部分は、雑草(背の低いコナギ)が密生しているところ。
雑草に肥料を食われれば、稔りが少なくなる。従って、頭が重くならないので
倒れにくい。

生育中に、水が切れにくかったところは、雑草も少ないので、実入りは良いが、
逆に言えば、地面が固まりにくい部分でもある。田面が均一でない場合、低い部分は
そのようになりやすい。
頭が重いイネを支える土が、しまっていなければ倒れやすくなる。


また、コシヒカリは多肥に向かない品種なので、施肥管理もシビア。
倒れた部分に、肥料が入りすぎた可能性もあるだろう。


この田んぼ一枚の中だけでも、生育状況の違いとその結果がはっきり解る。
元来が管理しにくいと言われている田んぼは、本当に色々と教えてくれる。


ところで、気になる虫さんは、古代米の田んぼにたくさんいた。
白米の田んぼに行かないで、しばらくここでじっとしていて欲しい。

で、バッタさんは、どこにいるでしょうか?

古代米に擬態.jpg

見事な擬態に、しばし見とれる。
虫さんにも合わせやすい色調の作物と、苦手な作物があるのかもしれない。

気が付くと、田んぼに足がすっかりはまり込んでいた。
緑色のツナギを着て、田んぼの中でじっと動かないでいる様子は、多分コイツらと
同じような感じに見えるのだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/799