田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> 草は出ないがイネは減る

草は出ないがイネは減る

| トラックバック(0)

稲作を始めてから九年目。それまで、雑草に苦労し続けたが、今年はどうやら
その憎き雑草を抑え込むことに成功してしまったらしい。田植えをして一か月以上が
経過した現在でも、この田んぼにはほぼ雑草が発生していない。(もう一枚は順調に
発生が認められるが、全体の半分ほどは生えていないので半分成功)

オモダカ・クログワイ・そしてコナギ・・・アイツらは何処へ・・・。 
 
 
20170616_112819.jpg
 
写真は10日程前の様子。現在はそれなりに株が大きくなってきた。
だが、問題も無いわけではない。補植を繰り返しても、イネがいなくなるのである。
いつになく欠株が多くて困っている。

ここに至るまで、昨年よりも圧倒的に雨も少ないので深水管理も徹底出来ていない。
それでも株間を見れば一目瞭然。本当に未だに生えてこないのである。コートブラシや
チェーン除草器すら、一度も使用していない。ましてや、手取り除草なども一切せず。

20170616_112948.jpg
 
昨年、収穫直後にすぐ耕起をしたことも、冬場に深目に耕起して雑草の塊茎にダメージを
与えたことも、田植え一か月前に水を張って代かきを、都合三度(水不足だったため)
行ったことも良かったのかもしれない。とどめに、田植え数日後にモミ酢50リットルの
流し込み。同時に生ヌカの散布。ここまで徹底したら、どうにかなるものなのか。

反面、草の生えていない田んぼが気持ち悪くも感じる。やっぱり少しは雑草もいた方が
いいんじゃないかとも思う。

しかし、これが偶然なのかどうかは今後も継続確認が必要だとは思っている。


 
しかしまあ、欠株個所のイネのなくなり方が酷い。

20170616_112856.jpg
 
最初は、土がトロトロになりすぎて、苗が溶けてなくなっているのかとも思っていた。
しかし、もう一枚の田んぼは同様にトロトロでも、ここまで苗が無くなるという事は
無い。なんだろうと思いながら田んぼを眺めてみていて、今年はザリガニが異様に
多い事に気づく。そういえば、夜間は自分の田んぼには沢山サギが集まる。ザリガニを
食いに来ているとしか思えない。


で、水面にはしばしばイネの切れっぱしも浮いている。

20170616_113028.jpg
 
ザリガニがイネを挟んでいる様子も何度か見かけた。写真を撮ろうとしたら逃げて
泥にもぐってしまうのだが、生息密度が高いと、どうやらジャンボタニシ同様の被害が
出ると言えそうだ。

雑草が抑えられたら、今度はザリガニ対策か・・・。トラップでもしかけて食おうかと
思うが、どうせ食いきれる量の訳ないな。そもそもどうしてザリガニが異常発生するのか
それを検証しなくてはなるまい。でないと、ドジョウやら水草、ヤゴやホタルが増えて
くれることも無さそうだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/2049