田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> 悪天候時の対策(農産物の販売における)

悪天候時の対策(農産物の販売における)

| トラックバック(0)

明日は、大原漁港で朝市。
毎度の野菜と玄米モチの販売。しかし、今回は天候も良くなそうだし出展位置も微妙。

全体的に客足が悪くなるのを想定するに、少しでも、お客さんの足を止める工夫が
必要だ。話をしながら売るのが得意な身としては、売れようが売れまいが、まず店先に
人を一秒でも長く滞留させることが出来なければ文字通り話にならない。

悪天候だと、人の入りが悪い上に、移動速度まで高くなる。普段なら充分にお客を
立ち止まらせる事の出来るラインナップだったとしても、相当に苦戦するのは明白。
悪天候を忘れさせる位面白く感じてもらうようにしなければならない。
口先や目を引く野菜のだけでなく、他にも自分の持てるあらゆる表現方法を駆使
することが、生活を維持するために必要になのだから大変である。


うーん。とりあえず商品にも落書きしよう。これね、話のとっかかりにでもなれば。
大変だ大変だと、あれこれ考えたところで、イマイチ気合いが入りきらないというか、
入れられない。やっぱ力を抜いてくほうが好きである。それと、普段と似たような絵
でもマジックだと楽で良い。これを描く分には、もはや面倒だと感じることも無い。

20170408_160155.jpg
 
 
例年だと、三月でほぼモチ米の在庫が無くなって生産終了となる玄米モチだが、
今シーズンは今月いっぱい製造を続ける予定。
年末需要に対応しきれず、生産量を思ったより伸ばせなかったこと、11月の製造量が
例年を下回っていたことなどが、その主な原因である。

育苗や田植え準備、夏野菜の定植などで忙しい時期ではあるが、もうひと頑張り
しなければならない。製造し始めて七年目、毎年毎年、少しずつ製造方法が変化し
続けて、いよいよ独自のものに洗練されてきたらしく、方々から好評を頂いている。
 

もし、ご興味のある方がいたら、以下にでもお問い合わせのメッセージを入れて
いただければと。そうですね・・・あと50kg程度なら製造可能かと思いますので。

【農園タロとあき】
https://www.facebook.com/tarotoaki/?fref=nf

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/2028