初刈り

| トラックバック(0)

三日ほど前の写真。
新年の初仕事が、ハンマーナイフモアによる、収穫残渣(木化した夏野菜の整理)。

20170104_105013.jpg
 
さすがに、非常に太くて背が高いオクラ(11月上旬まで収穫)などは、一度だけでは、きれいに
粉砕することが出来ず、刈り高さを変更しながら二度もあーを通して写真のような状態にまで
片付けた。今頃夏野菜の整理かよという声も聞こえてきそうだが、まあ11月まではオクラも
収穫していた訳だし、そこまで片付けが遅れたという感じもしない。

 
午前中がモアー作業ならば、午後は刈払機。いつまで経っても、真冬の草刈り作業が
全くなくならない。

20170104_163346.jpg
 
件の竹藪とヒノキ整理作業の下準備。
こここそ、ハンマーナイフモアーで作業を行うべきなのだが、いかせん、中途半端に倒した
ヒノキとその枝、そして竹が導線を塞いでいるので、機械が入ってこれない。(写真中断右側)
ついでに、ここへのアプローチは急な斜面。このままでは、管理がしづらいので、このヤブを
いずれは畑にすることも見越して、今後もすこしずつ手を入れていこう。

 
上の写真右側より見た、ヒノキと竹。

20170104_164438.jpg
 
斜面に密生した竹を、片っ端から倒していった結果、どうにか奥のヒノキが少しずつ確認出来る
ようになってきた。いや、ヒノキが一体何本植わっているのかとかは、今まで全く知らなんだ。
むしろ、せいぜい2~3本くらいかと思っていたが、奥にある土地の境界ぎりぎりまでしっかり
植わっているっぽい。

土地の全貌が見えてくるのは良いのだが・・・毎度のことながら、自分が作業に費やすであろう
時間の読みがどんどん狂ってゆく。いやもう、やることが増えることはあっても減ることは無いの
だと、いいかげん腹をくくるか。
 
でも、今年は休む時間もしっかり確保しよう。
やればやっただけ増えるのが仕事だというのなら、せいぜい【忙しい病】に気をつけて過ごす
他はない。常に忙しいと思ってるから、結局何もかも片付かないのだろうなと。それで、どれも
これも消化不良で終わってしまうのなら、ちゃんと一つずつ片づけていって、その上で次の
仕事を選ぶべきだろう。、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1994