田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> インチキカマド一号

インチキカマド一号

| トラックバック(0)

スマホだと、日没直前の写真がどうにも取りづらい。今日のコレもそう。
そもそも、一体何の写真なのかすら説明しなければ解らなそうそうなのに。
そろそろ、コンデジ撮影に戻そうかと思うが、どうもカメラを作業中に持ち歩くのが不便というか。
 
まあいいか、タイトルで既にバレていることだし。
これは、コンクリートブロックでテキトーに組んだカマド。
10日ほど前の試作を皮切りに、明日から、いよいよ今シーズンのモチづくりを本格的に開始
することになったのだ。しかし、家で作業するのはどうにも勝手があまり良くない。(家の主的に)
そこで、生産場所を作業場に切り替えることにした訳だ。

2016-11-25 17.57.52.jpg

だが、そうするとカマドを用意しなければならない。
仕方がないので、工事用にストックしてあったコンクリートブロック(知人の豚舎を解体する際に
出た廃材)を組み合わせてそれらしくした。まったく、泥縄も甚だしい。
お察しの通り隙間だらけ。だが、セメントで繋ぎ合わせる気も全くない。所詮はコンクリート
ブロック。少し使ったらどんどん割れたり崩れたりするに決まっている。とりあえず、この
インチキカマドで凌ぎつつ、ノウハウを蓄え、そのうち耐火レンガでしっかりしたものを・・・。
現状確保してある少々の耐火レンガも、家の五右衛門風呂を解体した際に出た廃品なので、
仕上げの保障はない。とにかくそれで足りなかった分だけ購入すればいいか。
 
というか、業務用のガスコンロを持っているのだから、ボンベ借りてきて作れば良いじゃないか
という葛藤が実は常にある。しかし、山の木は管理せねば・・・有効活用せねば・・・。
まあ、晴天時はカマド、雨天時はコンロという折衷策でいくことにしよう。

それにしても、将来的に本格的なカマドを作るとしたら、どこに設置するのが良いだろうか。
場所が決まらなければ、カマドの工事は出来ないが、現状では、イマイチ思い浮かばない。
現在のカマドは、飽く迄も暫定配置。バラすことが前提だからこれで良いけれども、本気で
何かをこさえるのなら、作業環境全体を将来的にどうしたいのか、具体的なイメージが必要に
なってきた。闇雲に色々やるのはもう嫌なのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1987