田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> もったいないと思うのならば

もったいないと思うのならば

| トラックバック(0)

悪天候の合間を縫うように、モミガラを運んできては焼く。モミ酢も採る。
稲刈りシーズンが落ち着いてくれば、それこそ、モミガラはどこへ行っても手に入る。
お前もコメ作ってるんだろ?って、ウチで出る量は少なすぎていけません。
全然足りないのです。

20160925_163620.jpg

モミガラ量にして一トン近く焼いたが、本気で土壌改良に使おうとすると、一反あたり、燻炭を
300~400Kg位使うことになる。この写真の量でもようやく二反程度。
そう考えると、使いたくてもそこまでの量を用意出来ない方が多い理由が解る気がする。

確かになぁ・・・。袋に詰めて、運んで焼いて、それを消して、また袋詰めする一連の手間は
かなりのもの。そこまでして使おうとする位なら・・・。
いやいや、そこで手間を勿体ぶるのは一番いけない。動かなければ、資材が勿体ない。
コレのあるおかげで田畑がだいぶまともになっていると信じて頑張ることにしよう。
 
 
畑では、夏野菜の後片付けと、雑草まみれになってしまった畝の草刈りをする。 

20160925_173433.jpg
 
小カブはずっと草に囲まれたままなんとか育ったもの。
カボチャは例によって勝手に生えてきた、文字通りのどてかぼちゃ。
なんだかよくわからんが、とりあえず食ってみよう。
そこまで強い作物の命をいただかなかったら、とても勿体ない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1964