田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #64 家のようなもの 

#64 家のようなもの 

| コメント(6) | トラックバック(0)

5日前、師匠二人と話をしていた。
それで、今後の住まいなんかを周囲に聞いてみているという。

これまでの経験から、すぐには見つからないだろうから、自分でももっと探し回ろうと
思っていた。

談笑.JPG

その二日後、連絡があった。
心当たりの物件があるから見に来いという。
いつも驚くいては感謝の繰り返し。


言われるまま、ついていった先は、田んぼと目と鼻の先。
以前、生コン業者が事務所に使っていた建物だった。

ここなの?.JPG

ここの前を通るたび、ちょっと無理だろうと高をくくっていた場所なので面喰う。
それより、勝手に入っていいのだろうか。

広いなぁ.JPG

見てみると、流石に生コン業者だけのことはある。広い敷地は一面にコンクリが張られている。
事務所は、一階に14畳の和室、作業場、シャワー室とトイレがあった。


よく、就農なんていうと、古い民家なんかを手直しして・・・なんて姿を想像する方が多いが、
よっぽどここは殺風景な場所だ。
けれども、現実を目の当たりにすると、そんなものは只の田舎暮らしへの一方的な憧れ
でしかないことが良く分かる。

風流で情緒深い古民家なんぞに固執していたら先には進めない。
きれいな田んぼが、自分の庭だと思えれば良いだけのことである。


ただ、ここは自分にとっては都合が良いことも数多い。
なぜなら、農業資材や機械を置くスペースが確保されている上、整備や発送などの作業に
ついても申し分のない環境なのだ。そして、すぐそこが田んぼ。
一軒屋には必ずセットになっている、庭の手入れもほとんど必要が無い。


建物は、寝泊りと風呂くらいの最低限の改装で何とか暮らせそうだ。
独り身に屋敷はまだ無理だ。分相応の生活ができれば充分ありがたい。


早速、翌日ここを管理している不動産屋へ交渉に行く。
畑の先生は、不動産屋と旧知の仲なので、一緒についていってくれた。

けれど、それは飽くまで自分を不動産屋の社長に紹介してくれるというだけで、
契約の可否及び、家賃の交渉は当然自分でしなければいけない。

先方は、田んぼだけでは収入にならないことをよく知っている。
こんな夢ばかり見ている若造が何を熱く語ったところで、相手にしてくれるかは判らないが
とにかく意気込みをぶつけてみる以外には方法が無い。

そして、将来的にどのようにこの物件を活用していくかというのも伝えなければならない。
何しろ、本格的に活用すれば、多くの人を受け入れることもできる施設だからである。


今回ばかりは、客という気持ちになれない。なにやら面接試験のようで緊張するも、思いの
ままを話した結果、一階部分の貸借がOKとなり、家賃も破格だったので胸をなでおろす。

どちらかというと社長は、自分がこれからどのように生計を立てていくのかを気にかけて
くれているようだった。


賃借は現状のままで、二階部分は今後活動が広がり、使う必要が生じた際に、再度交渉と
いう条件付きだったが、とにかくこれで今後の活動が勢いづくことは間違いない。


これからは、稲刈り準備に加えて、この建物を改装する作業が必要になる。
なかなか厳しいが、着実にコマが進んできた。これでこそ労働意欲が涌くというもの。

オブジェか?.JPG

ところで、敷地についてはだいぶ好きなように物を置いて良いそうだ。
この60年代に流行ったコンクリの現代アートのようなものは、生コンをミキサー車に
積むときに使用する設備のあと。ここに屋根を架ければ、ムダに立派な格納庫になる。

なかなか面白い所じゃないか。
とりあえず、ここを見て感じるのはライダーが怪人と闘う場所っぽいということ。
って、ここに住んでたら、常人には計りかねる創作意欲なんかが湧いてきて、気がつけば
自分が怪人になってしまいそうだ。

そうならぬよう、みなさんがここを訪れて、全うな感覚を取り戻させてくれることを願うばかり。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/751

コメント(6)

いやー ライダーハウスなかなか良いんでは!
タロウにぴったりの感じがするのは、おぢだけでしょうか・・・
建物の改装作業は大変でしょうが、頑張って下さい。
写真見てとても気に入ったおぢも怪人要素十分有りですね。

おぢの感想-1
 >常人には計りかねる創作意欲
  十分発揮してると思っていますが!
 >気がつけば自分が怪人になってしまいそうだ
  もう怪人に変身中なのに、本人気が付いていないのが不思議
  というか、ちと不安です。

おぢの感想-2
娘1号に何か感じて欲しいと思ってタロウブログ見せた
ら、なんとコメント入れてるのでビックリしました。
娘2号にはまだ難しいと思いますが、見せてみますね。

おぢ@仙台さん

一家で読んでくれてありがとうございます。

ぴったりかは、住まないとわからないけれど、とりあえず広いので
ゴミのような車や単車・あまり使わない作業機なんかを無闇に増やさないように、
今後は気をつけないといけませんね。

とりあえず、明日まで父が来ているのでかなり作業ははかどります。
相変わらず、彼は全く落ち着きがなく、次から次へと喋り、動き回ってくれるので、
作業のときは助かるのですが、他の一緒にいる時間が大変なことになってます。
結果的には感謝していますが、ずっと一緒なのはやはり・・・という感じです。
今も何か書いているそばから話しかけてくるので気が散って仕方がありません。


と言うわけで、父は自分よりも怪人なので、私の身を心配してくれている
ところ申し訳ないようですが、怪人化に拍車がかかっているかもしれません。

まあ、合体して巨大化することはないので、その点はご安心ください。


子供の読者か。以降は、子供でも読めばわかる内容なんかを考えておきますね

私は娘1号さんのコメントみて涙が出そうになりました…。
よい娘に成長しましたねぇ~(T^T)

おねー


そうだね。思った以上に気にかけてくれている人が多くて
喜んでいたら、ちびちゃんたちまで応援してくれてたなんてね。

やりたくて始めたことだけど、誰がために働くのかなんて
よく考えるようになってきた今日このごろです。

お久しぶりです。

なかなか良さそうな所ですね。
太朗クンにあってそうなところだと思います。
またかなり広そうですね。
あのリーザが小さく見えるし、後ろに見えるのはハイゼットトラックかな。

頑張っているようで、機会があれば行きたいです。

ご無沙汰です。

盆だったので更新は止まってましたが、本日から復帰です。
実家にも帰っていたけれど、そちらに連絡しておけば良かったなと思ってます。

新居は、まだまだ工事は始まっておらず、手配することも多いのですが
住めるようになればかなり面白いところになりそうです。
その際は、ぜひ遊びにきてみてください

と、残念。後ろの軽トラはサンバーでした。
この敷地だと、リーザなんてママチャリを置くがごとく気になりません