田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> タダだとて安易に借りるな休耕地

タダだとて安易に借りるな休耕地

| トラックバック(0)

えーと、本日の午後は草刈りか。
とは言っても、コレ、どこから手をつければいいんだろうか。

ここは、妻が借りた田んぼ。
畑にしようと思っていたらしいが、ご覧の有り様。
面積は三反以上。ほぼ一面がヨシの群落になりつつある。
 

20160531_132057.jpg
 
冬の終わりくらいにいきなり、借りたから草を刈ってくれと言われた時は流石に面食らった。
見た瞬間に、手に余るとはっきり判るからだ。本気で、ここの草を刈ってをちょこっとうなった
だけで畑になるのかと思っているのかと、借りる前に、どうして相談しないのかと、よっぽど
問い詰めてやろうかと思ったが、いずれ理解できるだろうと思い、敢えて黙っていた。ここに
至るまでの間には一応、これまでに草刈りを二回と耕起を一階だけ済ませておいた。土地を
借りるということは、管理を任されたということでもあるから、畑になろうがなるまいが最低限は
面倒を見なくてはならない。しぶしぶやる作業以外の何ものでもない。

で、今回で三度目の草刈りになる訳だが、もはや時間と労力と燃料の無駄遣いに加え、
いたずらに機械まで消耗するだけである。やればやるほど不毛感が募り、余計に心身が
疲労してゆく。なにしろ、自作地の草刈りだって一円にもならないのだ。増してこれでは・・・。

以前、休耕地の耕作を安請け合いした結果、何も作付られず(作付けても、漏水などの被害が
激しく、まともに収穫できなかったことや、深みの多い場所で重作業ばかりが増える事も多々)
特定の人にのみ、無償労働をしているような恰好になってしまった経験も相当ある身としては
もはや、これ以上の手助けはしたくても出来るはずがない。
こういう有れた条件の土地は、最初は借りるよりも草刈りや定期的な耕起などの作業を
代行することによって所有者からお金を払ってもらうほうがベターである。
それを繰り返して、田畑になりうるおちう目処がついたら、耕作を始めるべきだろう。
荒れた農地がそこここにある現在、いくら無料で借りれるからといっても、そういう話に
すぐに飛びつくようでは先が知れる。

偉そうに助言をするのなら、まず、必ず借りる前に圃場を隅々まで確認すること。出来るなら
所有者に圃場を案内してもらい、不具合箇所があれば、都度どちらがどこまで対応するべきか
話し合って決めておくおこと。また、草刈りの範囲や、隣接する田畑に対して、どんな注意を
払えばよいかなど、管理する上で、知っておくべきことは、徹底的に確認して置いた方が良い。
それが済んだ後に小作料の交渉に入るべし。
もしも、一緒に確認してくださいと言って断られるような所有者だったら、正直借りない方が良い。
また、不在地主などの場合は、その土地にいないが故に、自作地の状況を把握できていない
方もいる。その場合、状況をこちらから説明して理解してもらうところから始まるので、なかなか
借りる上では難易度が高い上に、土地が荒れている率も高くなるので、あまり推奨出来ない。
 
 
話を戻そう。
ここより上の田んぼには、なみなみと水が張られているので、そこから絞れてきた水、ならびに
用水路から回り込んできた水が圃場をみたしてしまい、圃場全体を刈りこむのは容易でない。
やってやれないことはないが、ヨシをはじめとして水田雑草群はすぐに再生する。水位も
中途半端なため、草を刈った後にトラクタで代掻きというのもなかなか難しい。なにしろ、水位が
上げられない。アゼが何か所も崩落しているためだ。
田んぼにも簡単には戻せない。畑にするにも大規模な排水改良が必須。


いずれにせよ、自分にはここを田畑として復元するための、スキルも道具もあるが、いかんせん
ここにそんなに労力を注げない。こんな所よりも先に、使い切れていない自作地の耕作環境を
整備し、露地野菜の生産安定と品質向上に努めなることが先決だ。

で、返そうにも妻が自ら借りた手前、少なくとも圃場の内側まで、刈りこんでおかないと
示しがつかない。ここから先はある程度、借りた本人が作業を行った上で、所有者と調整して
もらう事にする。

いくら文章書いてみたところで、こればっかりは自分でやってみなければ、大変さと不毛さ加減を
知る事はできないだろうから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1920