田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> 屋根はあるけど床はない

屋根はあるけど床はない

| トラックバック(0)

まだまだ建設途中の格納庫ではあるが、とりあえず屋根も完成し、少しずつ中に物を置いても
良さそうな感じになってきた。

けれども、ここにはまだ床がない。土間・・・いや、モロに凸凹な上に傾斜のついたの土。
流石にこれではまずいので、とりあえず、こまめ(ミニ耕うん機)で固い土をほじくり返し
その後に均平出し、そして砕石をのしておく。


20160522_112126.jpg

ここの床、以前からどのように処理するべきか悩んだ部分ではあるものの、とりあえず
砕石を敷き詰めた状態でハコを完成させ、その後余裕があれば生コンでも流そうと考えている。

 
で、砕石の均しも終わったそばから、トラクタとコンバインを入れてみる。
そして、機械類の盗難防止対策として、軽自動車も突っ込んでみた。
いや、この軽は珍し過ぎるので、これも雨ざらし保管はしたくない。もうここに定住してもらう。
とにかく、仕事道具はブルーシートを張って野ざらしにしておく事が、もうこれ以上耐えられない。
まだ工事中につき、資材や作業台を置いたままで、全体の1/3程度しか地面が使えない為
ギリギリまで詰めて駐車しても、殆ど余裕はないが、完成してしまえば、まだまだ色々収まる
だろう。
 
20160522_144217.jpg
 
いや、でも作業場にもしないといけないんだったな・・・。
もう既にこの箱の側面に何か掘立小屋を増設したくなってきた。
短管パイプと垂木とビニールトタンが余ってたな。あれで何とかかんとか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1912