田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> 描いてた書いてた。気にしてなかった

描いてた書いてた。気にしてなかった

| トラックバック(0)

多少は更新に対して意欲も出てきたような気にするが、どうも写真を上げづらい。
別に、凄惨な日々を過ごし続けているからとか、カメラが無いからとか、そういった理由でもなく
単純に撮影などそっちのけで作業ばかりしているからだ。

だったらもう、暫くは文字に特化させてみようかと思ったりもする。
どうせ以前から酷く文字だらけのブログではないか。
けれども、それはまあストイック過ぎるので、そのうちに以前と同じような感じに戻そうか。
それとも、アイキャッチとしてテキトーなものを毎回載せるとか。
そうだな・・・とりあえず・・・一年以上前に米袋に描いた安全靴の筆ペン画でも。

IMG_0421.JPG

結婚したので、これからはいよいよ【地に足つけて】という意思表示のつもりで描いてみたもの。
スケッチに二時間以上かかった。以来、ここまで手の込んだ作品は描いていない。


手の込んだものと言えば、そうだった。一年以上前になにやら読み物が完成していたっけ。
出来たは良いが、特に使い道も思い浮かばずに何人かにファイルを配ったのみとどまっている。
この歳になっての黒歴史作品だったとしたらイタいでは済まされないが、折角なので、これを
公開しておこうと思う。私の拙文が好きだと言う酔狂な御仁がおりましたら、暇つぶしにどうぞ。

 
タイトルは、≪雲竜と悟平≫

別に時代劇じゃあござんせんけど。
担い手不足とか、休耕地の増加とかTPPだとか、農業を取り巻く色々な不安要素が取沙汰
されてる昨今ですが、そんなもんを気にせずに楽しみながら出来るなら、それが一番いいじゃ
ないかって私ゃ常日ごろから思ってました。で、ある日、何か思い浮かんだので日記に鬱積を
ぶちまけるような気持ちで書き始めたんです。そしたら、それが随分長い事続きまして・・・。


ワードの方は、最近になって思い出したように多少校正や文言の付加を行った更新版。
PDFは、書きあがった瞬間そのままだが、細かい部分を特に気にしない方なら、こちらの
ほうが読みやすいかもしれない。

本編1.docx

本編1.pdf

小説好きの祖母は、老眼にムチ打ってなんとか読破してくれたが、他に特に誰かから感想を
聞いた訳でもない。中身は農的ラノベとでも言うべきものか。別に小難しいものでもない。

最初に思い浮かんだシナリオを丁寧に文章でトレースした結果、最初から最後まで漫画の
ような展開が続いていく感じに。発想の根本は、随分前に、童心社から発行された
【スゥィング】という本の一部描写について助言をしていたところからなのだが。
それもいつの記事だったか・・・。思い出したので、リンクでも。

http://agri.inaka-nikki.net/shinkisyuunou/post-426.php


そうか・・・もう五年も経つのか。
これは実に思い出深い上に好きな話なのだが、割と硬派な作品だったもので、参考にしつつも
ソフト路線へ振ってみた感じ。
 
全体的には、前職および就農以来の経験をヒントにし、登場人物はだいぶキャラの立って
いる知人たちをモデルにして(人の呼称は例外を除き雑草の名前)、一部には少しずつ自分の
スキルを分散させて持たせた。

なるべくギャグ要素を盛りつつ、話の流れそのものはかなり現実味を帯びたものにしたつもり。
というか、農的ファンタジーな作品とか、とてもじゃないが思い浮かばない。
書けるなら、そっちの方が面白いのかもしれないが、リアル路線で勘弁してください。

 
とまあ、こんな所で本日はおしまい。と。 
黒歴史にならなきゃいいが・・・。
もし読み切った猛者がおりましたら、差支えなければ感想でもお寄せくださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1892