田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #569 やそはち作業2013-⑥ ~初期除草・補植・土木作業諸々~

#569 やそはち作業2013-⑥ ~初期除草・補植・土木作業諸々~

| トラックバック(0)

やそはち作業の連続更新。速やかに先週末の作業をアップしておかなければ
作業の進捗に記事が追いつかなくなってしまう。
 
 
今回の参加者は四名。うち、昨年からのコアメンバーが三名。言わば少数精鋭。
人数とは無関係に作業が進むことは間違いありません。
 
 
主な目的は初期除草ですが、今回も土木作業が目白押し。田んぼへ出発する前に
道具を砥いでおきましょう。砥ぎは10分ちょっとで終わりましたが、これにより
作業能率は格段に上がり、疲労度も低下します。少しの手間は惜しまずに。 

エンピを研ごう.JPG
  
 
スコップやエンピをディスクグラインダーで砥ぐ。良く考えてみると、昨年は道具の
手入れ方法などは教えていませんでした。これからは機会を逃さずにそれらも教えて
いきます。
 
ディスクグラインダー(サンダー)使った事のある参加者はこの中に一人もいません
でした。高校生の頃からしょっちゅう使っている自分にしてみれば身近な道具でも、
普通の人にはあまり必要ないものなんでしょうね。 
 
 
雑草が小さいうちは、チェーン除草機での対応。
昨年は、二度目の除草の際より手押し除草機(田車)を使用していたため、意外と
メンバー内でも使用経験者の少ない道具。
 
角材の次はチェーン引き.JPG
 
より強力になるよう手を加えているので、今年は田植え後三週まではこれで大丈夫
だと思います。重たいのに気合は充分。今日はかわりばんこにこれを引いてもらい、
田んぼの縦横方向 から除草をすることが出来ました。更にこちらの田んぼまで。
どうもありがとうございまず。
 
 

 
チェーン除草と併せ、補植も行います。
 
補植しませう.JPG
 
まだだいぶ苗を植えられるスペースが残っているので、次週も継続しましょう。
密に植わっていれば一本や二本くらい抜けていてもぶっちゃけ収量は変わりませんが
条単位で空間が空いていれば、そこはやはり植えたほうが良いかと思います。
なにしろ抜けまくっている箇所には草も大量に発生しますからね。 
 
 
 
本日の土木作業①
 
工事やり直し・・・.JPG 
 
冬から入水前にかけて、排水改良を行った区間より漏水が発生したため、急遽
土手の一部を掘り起こし、土を入れなおします。
しかし、流石に田んぼに水が張ってあるときついものがあり、結局漏水を完全に止める
事は出来ませんでした。次回以降、どうにか対応策を打ってゆきたいものです。
砥いだスコップは大活躍でした。
 
 
 
土木作業②
 
第二ビオトープ造成中.JPG
 
モチ米田んぼの整備。
ここもメインの田んぼよろしく、側溝を掘り増しつつ湧き水を湛えるビオトープを
隣接させた構成になるよう回収します。同時に、脆くなっている隣の田んぼとの境界の
畦を修正。
 
土屋くん、手を加えただけ水田周辺の環境が変化していく様子が楽しいとのこと。
どちらかというと、動植物を呼び込むための工事ですから、それは面白いですよね。 
 
 
 
田起こしはほぼ済んでいるものの、昨年と畦の位置が変化したために、更に一部を
田起こし。 
 
ほんの少し田起こし.JPG
 
土が固く締まっていて、雑草の根も相当にはびこっている箇所なだけに、ここを起こす
のは一苦労。少しずつでも良いから、マンノウをこじらずに、無理なく作業して
くださいね。二年生の金子さんは、今年からのメンバーですが、諸先輩に引っ張られる
ような形で、徐々に作業慣れしてきたようです。
  

田植えが済んでもモチベーションは停滞せず。
収穫までこの調子で進めてゆきましょう。

 
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。

こちらと連動して、作業報告も上がっています。
彼ら視点での田んぼ活動も、是非読んでみてください。
 
http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1869