田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #565 約束ですから

#565 約束ですから

| トラックバック(0)

寒い間に焼いておいた田んぼの荒起こし。数日前に降った雨の影響が残り、土は
少々練り気味だが、別に気にする必要は無い。

うなうだけ~.JPG
 
なにしろ、今年はこの田んぼで耕作することは無い。稲刈りの済んでいない古代米が
全面にべったりと倒れていたため、白米を植えても少なからず古代米が生えてくると
混ざってしまってよろしくない。仕方なく生産調整(減反)圃場に割り当てる手続きも
済ませた。
 
作付けが出来ないという旨は地権者にも説明してあるが、栽培しないというのをとても
残念がっていた。こちらとしても、ただ荒らすだけでは申し訳ないし、いざ耕作を
再開しようにも障害となるため、とにかく調整水田として管理し、草刈りも行うと
約束した。けれども、田植えの準備が優先せざるを得ず、作業が伸ばし伸ばしになって
しまっていた。今日は代かき作業の合間を見て、こちらにやっと手をつける事が出来た。
 
分かってはいる事だが、やはりこのような管理をしなければならないのはなんとも
言えない気持ちになる。作業自体はあまり時間がかからないけれど、なかなか前向きに
なれない。

本日の代かきは二枚。
この田んぼは、乾きがイマイチ。耕盤の深さを揃えて固めてから入水したかったが
ままならず荒代かきに突入。

水乗らないしガタガタだし.JPG
 
田面は、毎年揃えているつもりなのだが、毎年どこかが沈下する。
知人とも話していたが、こんなに毎回土を引っ張らなければいけない田んぼというのも
なかなか珍しいそうだ。みなさんも苦労は同じようで。

 
奥のほうが、異様に土が高く、耕作放棄地と隣接する側も深い上に土が寄っている。
 
なんていうか疲れた.JPG
 
微速で土を引っ張って、どうにかこうにか水を乗せたが、もともとよりも田んぼを
ガタガタにしてしまった。深い部分では、折角投入した資材も土中深くに押し込んで
しまうため、狙った効果が出なくなってゆく。田植えの際も、田植え機がずっこけて
真っ直ぐに植えられなくなる。かようにガタガタの田んぼはロクなことが無い。
どうにかしたいと思ってはいるが、単にトラクタで入るだけでガタガタになるような
条件にあっては目をつぶらざるを得ない。入水しても、水を被ることも無く地表が
露出したままのような箇所が広範囲になった場合、角材引きやハロー耕によって
土を引っ張るという芸当も困難になる。結局は、ドバドバと水を入れながら、標準
ロータリーでちまちまと進入を繰り返す他に無く、気がつけば時間ばかりが経過し
燃料も想定以上に消費している。農業用水のバルブが田んぼにあるのはせめてもの
救いではあるが、まあ無駄なのは間違いないし、作業も遅れてゆく。
 
 
気がつけば、トラクタに乗ったまま八時間が経過していた。体を動かしていないのに
疲労感が尋常でない。よくよく考えてみると、高速道路に乗って東京から神戸の先
くらいまでノンストップで走り続けるようなものだ。
条件の良い田んぼならば、のんびりラジオでも聞きながら、色々と他の事を考えたりも
出来るものだが、ここのような場合は、全く気が抜けずに神経が磨り減るばかり。
ここに見切りをつけ、次に植え代かきを行った田んぼは、全く深くなっておらず
非常に気楽に作業が出来たが、それでも土を引っ張るのにはだいぶ時間がかかった。
 
 
さてと、明日はどこの田んぼへ行こうか。ここより酷いところが無ければ良いが。
そろそろ本格的に田植えを進めたい。まだ殆ど植わってもいない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1865