田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #554 やそはち作業2013-③ ~種蒔き+排水改良の続き~

#554 やそはち作業2013-③ ~種蒔き+排水改良の続き~

| トラックバック(0)

更新が遅延しているおかげで、やそはち作業の連続投稿となる。

今回の作業は、タイトルの通り。それでは様子を見てみよう。
 
 
種蒔きは、苗箱を洗うところから始まります。

今年も種蒔きはじまります.JPG
 
昨年の経験者も二人いるけれど、どうやらだいぶ忘れている様子。年に一度の作業
なので、ここで復習しましょうね。
 
播種の時期も、昨年とまるっきり同じですが、今年はだいぶ暖かい。
さて、どうなりますか。 
 
おままごとタイム!.JPG
 
培土の調合もほぼ同じ(土1:モミガラ燻炭1)だが、今年は覆土にやや変化あり。
培土自体もこれまでの通常仕様から寒冷地向きのものに変更。価格は変わらず。

 
 
苗は全部で35枚。一反六畝の田んぼには少々多いような気もするが、失敗があるかも
知れないし、例によって実験もしている。今回、検証するのは、昨年の種モミと
今年の種モミで発芽率がどう異なるか。昨年の種は、コシヒカリとふさこがねを5枚ずつ。
 
 
二年前にこさえた加温用台車も補強しておく。

台車も補強しましょう.JPG

普段と違った日曜大工の図。これ、本当は前日に自分が修正しておこうかと思ったの
だが こいった作業があっても面白いのではないかと思い、彼らと一緒にやることに
しました。
 
 
翌日は、前回中断していた溝掘り作業の続き。
 
今回も掘りまくり.JPG
 
代わり映えしません。とにかく掘る・掘る・掘ります。
 

田んぼ側の排水溝もかなりの深さになりました。
 
まだまだ深くするよー.JPG
 
やそはち渓谷とでも呼びましょうかね。
こちらの一部区間にも暗渠を入れるため、ここから更に掘り下げました。

 
そして、溝と配管の処理が済んだ区間から、随時埋め戻し作業に入ります。 
 
ソダは良く踏み潰して.JPG

まずは、コルゲート管の上下に粗朶を埋め、よく踏み潰して均します。 
 
 
スクモも沢山入れましょう.JPG 
 
その上に、スクモ(モミガラ)を沢山被せます。
この量が少なかったり処理が甘いと、短期間のうちに暗渠管が泥で目詰まりを起こして
機能しなくなりますのでご注意を。

 
 
そして、田んぼ側は、どんどん土を被せて元々の田面と同じように復帰させます。
 
埋め戻しは意外と早い.JPG
 
今回は、人数が少なかったけれど、割と良いペースです。
ソダが入っているぶんもあって、掘る時よりも入れる土の量は少なくて済みますので。

 
 
とは言っても、まだ、側溝部分の処理が終わりません。 
 
砂防ダムづくり.JPG 
 
仕方がないので、ここは中断しておきます。
常時水が湧いて来る区間なので、そのまま放置すると工事箇所が水没すると同時に
泥をかぶってしまうので、工事区間より手前の側溝には、このように二段階の砂防
ダムを設置。小規模ですが、治水管理まで実践することとなりました。


そして、下側の砂防ダムの水面位置より、仮設の排水管を取り付けて、田んぼの外に
湧き水を排出させておきます。
 
仮設排水管.JPG
 
周囲の農家さんが見たら、あいつらは何をやってるんだかという感じかも知れませんが
それでも別に構いません。なにしろ、今回の取り組みは、田んぼの排水改良を行いつつ
隣接する水域を充分に確保して灌漑に利用しながら生産性を確保した上で、生態の保持
及び再生まで図ろうというもの。そんな事は、普通はあまり考えませんからね。

とにかく、非農家から見てどんな圃場が魅力的なフィールドとなりうるのか、彼らが
良く教えてくれているのは間違いないようです。
 
 
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。

こちらと連動して、作業報告も上がっています。
彼ら視点での田んぼ活動も、是非読んでみてください。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1854