田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #553 やそはち作業2013-② ~排水改良~

#553 やそはち作業2013-② ~排水改良~

| トラックバック(0)

今月七日のやそはち作業。
今回は、田んぼの排水を良くするために、溝を掘ります。
先月は生憎の雨で出来なかったので、晴れてよかったですね。

新しい農具入りました.JPG
 
ここへ来て、農具が追加されました。鋤簾(じょれん)・マンノウ・エンピが
各一本ずつ。これらは彼らが独自に用意したもの。昨年の売り上げで、どうやら
少しは活動資金が得られたことに加え、大学からの援助金もあったようです。本格的に
農業になってきましたね。二年目にして、もう【農業体験】レベルを超えてます。
 
 
 
だから、作業内容も当然ハードルが高くなりました。
 
塹壕掘り開始.JPG
 
しっかりした暗渠とはいかないまでも、今回はコルゲート菅をしっかり埋めて
田んぼと山の間にある側溝も掘り下げて、地下排水の導線を確保します。
従って、掘る深さは暗渠を入れる際と同様かそれ以上。自分の背丈くらい深い溝を
掘るなんて事は日常だと考えられません。普通はユンボを使いますが、やっぱり人力。
田んぼ作業ですが、塹壕掘りのような様相です。

 
こちらは、先ほど設営した排水溝側。

排水溝も下げます.JPG
 
ここは恐らくこの日のうちに処理しきれないので、事前に深くしておく程度に
とどめます。田んぼと繫げるのは作業の後半なので、水は入ったまま。だいぶ掘りづらい
ですが、懸命にやっています。
 
 
地下排水の出口は、既に整備されているはずの側溝。
ですが、ここも土砂が堆積しているので、排水位置まで浚渫(しゅんせつ)が必要。 
 
定期側溝掘り.JPG
 
この様子だけなら、毎度のやそはち作業。相変わらず生物採集も欠かさず行います。 
  
  
しかし、本当に朝から夕方までひたすら掘り続ける日です。

マジで掘るだけの日.JPG

冬場は運動不足になり勝ちなので、丁度良いかな?
若いから大丈夫と高をくくらずに、帰りの体力も残しておいてくださいね。 
 
 
掘れますか、そうですか.JPG
 
今年からは、新たな参加者が増加。三年生偏重が、だいぶ改善されていています。
あ、ザリガニいたら捕まえておいてください。
 
 
 
板についた動作!.JPG
 
 
昨年の経験者は、もう慣れたもの。動きにムダが少なく安心して見ていられます。
 
 
 
コルゲート管は、粗朶でサンドイッチする必要がありますが、資材は特に事前に
用意する必要はありません。現地で調達しましょう。このように笹を刈って集めれば
良いのです。
 
暗渠資材は現地調達.JPG 
 
作業量の関係より、刈払機の講習は今回行いません。経験者にお任せします。
 
 
 
粗朶は、沢山突っ込んで良く踏み均しましょう。 
 
粗朶つっこめ、ソダ.JPG
 
ああ、そうだった、モミガラも必要だから次回までに集めておかなければいけませんね。


メイン作業の区切りがついたら、今度は全員で田んぼ内にある排水溝の掘り下げ。
 
ここいらもすげー掘るぜ.JPG
 
田んぼの水を落とした際にも、こちらもある程度の水深を確保出来るようにして
おけば、通年干上がる事が無くなるので、苗代も含めた部分がよりビオトープと
して機能するようになります。メダカなど小さな魚類が越冬できるようになると
観察場所としても面白くなりそうですね。

 
 
以上、今回もみなさん良く出来ました。
耕作を学びたい人、農業土木を学びたい人、生態観察がしたい人、おいしい物が
食べたい人、農業機械に関心がある人・・・。様々なみなさんの関心を、このように
実践を通じてより深い考察にまで発展させることの出来る活動。

それが【やそはち】です。
 
とかなんとかPRしてみてはどうですかね。現メンバーの皆さん。
そろそろ新入生が入ってくる季節ですよ。
 
 
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。

こちらと連動して、作業報告も上がっています。
彼ら視点での田んぼ活動も、是非読んでみてください。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1853