田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #543 道具と向き合う

#543 道具と向き合う

| コメント(2) | トラックバック(0)

軽トラのメンテナンスを行う。今日は比較的気温が高いので助かる。

車検対応とは言っても、下回りの洗浄やオイル交換、各部コネクタ類の清掃、冷却水や
その他油脂のチェック程度。大掛かりな整備はしなくても大丈夫そうだ。
他、バッテリーの充電や、おまじない程度の簡易チューニング、スロットルの
清掃/注油程度。屋根のサビが激しくなってきたが、今回はアルミテープで誤魔化す。


今回は大丈夫かなぁ.JPG
 
なんだかんだでこの軽トラも五年目。車齢は22歳。ボディや荷台はだいぶ痛んで
きたが愛着も相当に湧いてきた。整備工場の片隅に13万円のタグを着けられて
置かれていたのを見つけてから、常にお世話になりっぱなし。ある程度のテコ入れは
したが、大掛かりな故障は無いまま働き続けている。思うに、これまでで最もコスト
パフォーマンスの良かった買い物である。古いけれども元がそこそこ良いの状態
だっただけに、維持する上でツボさえ押さえてしまえば、余りある恩恵を受けられる。
 
新品の良い道具に勝るものは無いが、こういったメリットは新品では得られない。
セコハンを馬鹿にするなかれ。そもそも新品と同じ土俵で評価することなど不可能
な魅力があるからこそ、こうやって使い続ける訳だ。


やはり道具というものは、その【使い続ける】事が前提であって然るべきだろう。
ちゃんとした製品であれば、使い込んで尚も頑張り続けてくれる。そうなってくると
愛着が出てくるので大切にしたくなる。使い込まなければ知ることの出来ない道具の
良さはそれだ。反面、劣化が進行してくれば、【だまくらかして使う】という必要が
生じることもしばしば。イライラしながら試行錯誤したり我慢して使うという努力は
効率を追求する現代にふさわしくないとされるかもしれない。だがその行為とて、
実は無駄にならない。苦闘した挙句、しぶしぶ次に同じ用途の道具に買い換えて以降、
とんでもなく普段の使い方が変わる。つまり、無茶な使い方をしないという心得と
使用していく上で無意識に工夫をするという能力が身に付くのだ。それがその先の
財布にどう影響するかは推して知るべし。それだけでなく精神面にも、豊かさの
尺度にも・・・。経済の仕組みには間違いなくマイナスに働くのであろうが、バランスの
取れた消費生活を心がけるのが悪ならば、自分はとっくにこの世から抹殺されている
はずなので、それも大丈夫のようだ。

 
おっと、話を続けよう。 
だが、残念なことに使いこんだらある時に即死してしまう道具も世の中にはある。
いや、今のご時世、そちらの方が多いかもしれない。そういったものとは一体どの
ように接すれば良いだろうか。これは残念ながら自分も追及しきれない。とにかく、
そういった製品であっても最後まで使うことが大切なのは言うまでも無い。
 

例えば、この高圧洗浄機。
写真を見るにつけ、見事なゴミに見える。廃品引取り業者やリサイクルショップの
ヤードにこれが転がっていたとしても、誰も使えるとは思わないだろう。
どっこい、まだまだ生きている。

使えるゴミ.JPG
 
ボディは紫外線劣化と加水分解が進んで無残にもボロボロになったが、中身は一昨年に
加圧ユニットを新品交換し、その際にコンプレッサーオイルを交換してある。オイルは
通常のコンプレッサーオイルをベースに非極圧系の添加剤をプラスしたもの。それに
よってモーターの負荷も減ったらしく、快調極まりない。ちょっとの手間と工夫で
寿命はおそらく倍くらいまでは行くだろう。だが、そもそも使い捨て前提の製品。
そんな奇特な努力をしてまで使い続ける必要があるのかと思う人も多々いるとは思う。
そして実は、交換用の新品洗浄機(このポンコツと内部互換性有り)がうちには控えて
いたりもする。

・・・コレには、知人がいつも泥まみれになりながら農機を洗っている私を見かねて
自分がこれまで使っていたものを提供してくれたという経緯がある。それで本当に
助かってきたのだから、その厚意に報えるだけの能力が残っているうちは捨てない
腹づもりなのだ。

人の気持ちまで無自覚に消費するだけの人間になりたくなど無い。
食い散らかすだけなら獣にだって出来る。だが、獣とて必要以上に殺したり食ったりは
しない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1836

コメント(2)

明けましておめでとう。
文章力凄いね!
そして、いい記事だ。
物や道具は大切にしないとね。

本年もよろしくお願いします。
お褒めありがとうございます。あまり更新できておりませんが、
引き続きまともな文章が書けるよう努力してまいります。

しっかし、物を大切にしたいけれどその術を知る人が少なくなって
きているのは残念なことです。メーカーもユーザーもそれを意識して
モノと向き合うのが一番必要なことではないでしょうか?

私の独り言など、どのように評価されようとも世の中など大きく変わることは
ないでしょうからね。