田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #542 初出荷

#542 初出荷

| コメント(2) | トラックバック(0)

正月も終わったので、米やらモチやらの出荷開始。
年賀状を書く以外、正月らしき事もなし。昨日は高校の後輩と一緒にモチを作る。
わざわざモチ作りの現場を見たいと言ってはるばる訪ねてきてくれた。ありがとう。

今年初出荷の米袋の一部は干支の絵を描いておいた。
相変わらず、筆ペンの手描きをしている訳だが、これももう三年以上になった。
とりあえず、これまでこうしてきて悪い評価はされていない。面倒でも信頼は
されるらしいので、今後も継続する。いいかげん自作図案をプリントする事も考えた
ほうが良いのかもしれないが、なにしろ描く速度が以前よりも上がってきた。
だったら、このまま画力を向上させてゆくのも面白いかもしれない。米袋を
プリントするには、袋のロットをまとめねばならないし、刷る図案が下手だったら
悶々としながらそれを使い切らなくてはならない。だったらもう少し頑張ろう。

・・・誰かに図案を作成してもらうという考えが毛頭無い事に今更驚く。


出荷はじめました.JPG
 
モチの製造は、どうやら一段落ついたようだ。今のところ、中旬に玄米モチ八枚の
注文を受けている以外は特になし。そろそろ田んぼ作業や軽トラの車検対応などを
進めたい。だが、農機の燃料や消耗品、車検/任意保険費用の捻出をせねばなたない
ため、コメとモチの販売を怠るのはマズい。

コメは、少量の注文であっても随時出荷可能だが、稼ぎ頭のモチはそうもいかない。
最低でも八枚以上注文がまとまらないと作れないのだ。その上に、玄米モチは
仕込みだけで4~5日を要すものだから、例えば二枚をいついつに送って欲しいと
言われても、場合によっては他からも合わせて八枚注文を取るまで待ってもらう
しかないのが現状。これを改善したくば、営業に励まなければならない。
ブログを読んだ人から注文が来るのは稀だが、一応書いておこう。

『玄米モチなどいかがですか?贈り物にも、日常の健康食としても万能でございます。
 味も好評。食べ方も自由自在。』 
 
あ、私の連絡先は、一応当ブログの一番上にメールアドレスが載っています。
そちらへお問い合わせいただければ幸です。
 
 
 ~ 以降、これを売っている者が一体何を考えているか更に記述があります ~

因みに、これまでネット販売は殆ど行っていない。
良く色々な人から勘違いされるが、基本的に知人やその紹介、若しくは自分から連絡を
くささった方々に商品を買っていただいている。なに、今はその程度ではける量しか
栽培出来ていないという話なだけ。それに、販売サイトを作ったり、総合販売サイトを
間借りしてそこに商品を載せておくだけでは注文はそんなに来ない。それはそれで売る
努力が必要である。田舎のおじちゃんおばちゃん、私の顔見たらネットで売ってるの
かって尋ねてくるけど、全力で儲からないことをする人間だというのを理解しておいて
ください。

では、ネット販売の努力とはなんだろう。検索ワードで上位に来るよう単語や文章を
工夫したり関連リンク先などを整える努力、これまでのお客さんを、web上から注文
してもらうよう促す努力(年配者は殆どついてこれない)、ブログ記事から販売サイト
にも上手に誘導しなくてはならない。フェイスブックやツィッターもこまめに更新と。
よくわからない友達もどんどん増やそう。人がいっぱいいる所へ出かけてでどんどん
PRしよう。

う・・・ん、このうち幾つかは積極的に行う行為としては何か違う気がして仕方が無い。
また、一般的なネット購買層と自分の感覚も、そもそもズレがある。
なにしろ、ア〇ゾンなどと同じ感覚で買い物カゴをポチられても、場合によっては
直ぐに届けられない。迅速・やりとりが少ない・出歩く必要が無いというのが売りの
ネット販売でこれは致命的だ。こちらの事情を鑑みて、メールや電話のやりとりに
まともに付き合ってくれる方々がどれほどいるだろうか。、コメにメッセージや
これまでの作業内容を死ぬほど付加して売っているスタイルでも、そのプロセスに
まともに興味を持ってくれるだろうか。

つくづく、コメでなく己を売っている人間である。どうせ売るならいくばくかでも
何か伝わった方が良い。だが無駄に付加価値はつけたくない。自分が納得のいかない
料金設定=ペテンだと考えるからだ。商品自体は高くもなんとも無い。
 
・コメ(玄米及び白米)  ¥500/kg
・のし餅(玄米及び白米) ¥1.000/Kg
送料は近県なら、30Kgまでコメ¥630、モチ¥525である。
 
 
農薬も化成肥料も使用していないし、栽培の手間は尋常でなくかかっている。
それでもスーパーで売っているコメの高いもの程度の価格設定なのは、自分が普通に
コメを買うとしたらそれ以上払いたくないから。
玄米モチに至っては、もはや仕込みの手間を無視したような価格だ。

それでも直販しているので、普通のコメを売るよりはまだ取り分がある。
栽培者の仲間からは、もう少し高くしても・・・と言われたりもするが
そもそも沢山お金を出せるという人にのみ商売を行っている訳ではない。、

これでもなんとかやっていけそうな所まで来たのだから、もうひと頑張りだと思って
やっている。それを理解してくれる方々に支えられているのだと常に実感しながら。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1835

コメント(2)

 あけましておめでとうございます。

 暮れには、古代米の入った玄米餅を送っていただきありがとうございました。白い餅も美味しいけれど、玄米餅は香ばしくてまた違った美味しさがありますね。古代米が散らしてあるのもなんだかおめでたい感じがしてよかったです。
 ブログを読んでいると玄米餅はすごく手間がかかるものだということで、ありがたさも倍増です。少し値上げしてもいいですから、また来年も美味しい玄米餅よろしく願いします。

あけましておめでとうございます。
昨年も、色々とこちらのものをお買い上げくださってありがとうございました。
本当は帰省したときに直接お伝えしたいのですが、正月は戻りませんでしたので
このような返信にて失礼いたします。

のしモチも、ご好評のようで何よりです。
ありがたいお言葉をいただいたものの、まだ値上げは考えておりません。
引き続きご用命あれば随時お伝えください。