田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #537 真冬の草刈り

#537 真冬の草刈り

| コメント(2) | トラックバック(0)

ここのところ留守が多かったのはバイトをしていたからだ。
では何のバイトなのかというと、まあ色々やってみるものの、やはり農作業関連の
ものが一番やりやすい。
 
しかしまあ、この時期に草刈りのバイトがあるとは。
いつもの夏は草刈りネタばかりだが、今回はまさかの冬。
 

 
出かけた先はとある県にある園芸作物の研究所。(跡地)
知り合いの会社がここを買い取ったのだが、とにかく管理が大変なのだと言う。

相手に不足なし.JPG
 
仕事は、このような法面をひたすら何枚も刈る事。
圃場やハウス群などを案内してもらったが、途方も無く広い。これは自分一人が
手伝いに来たところでどうにもならない。だが、来たからには通常の人間二人ぶん
位の仕事をせねば。こんなことを書くのもなんだが、自分の田んぼの草刈りなどより
よっぽど気合が入る。
 
 
法面には、散水栓や配管などの埋設物が時々あるのだが、いかんせんヤブ化して
いるので見つけづらい。勢い良くやりたいが、怪しいところは慎重にならざるを
得ない。
 
埋設物多数.JPG
 
いや、本気で壊したらちょっと働いた位では弁償できないでしょう。
ヤブをこさえると、こういった設備を破壊するという二次被害も起こりやすくなる。
でも、手が回らないのも理解する。何しろ、草刈りが必要な箇所はこの法面の何十倍。
シルバー人材センターに10人頼んで10日かかるとか。
でも、冬場ならもっと早く出来そうだ。

 

これは、同じ法面を上から見た図。刈っているのは自分。
傾斜もさることながら高低差がある。滑落には注意すべし。
 
滑落に注意しましょう.JPG 
 
因みに、この法面を片付けるのに要した時間は半日。奥のほうは相当に木が生えて
いたのだが、それも処理出来てはいるので、それなりに良いペースだと思う。
刈払機は持参。刃は二枚刃の一択。珍しく刈払機が稼いでくれた。
次回も仕事があるのなら、機械は二本持っていこう。そのほうが尚仕事が早い。
請負は、早くキレイに安全に。コレが実践出来なければ仕事など来まい。

 
 
ところで、ここのハウス棟の一角に生えていた見かけない花。
観賞用っぽいが、ここは雪が降る真冬の世界。

見た事のないお花.JPG
 
健気なものだが、これは栽培されていたものが逸出したものなのだろうか。
名前を知っている人がいたら教えてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1830

コメント(2)

寒い中、手伝ってくれてありがとうございました。

法面には事欠かないので、

次は、温室エリアでは無く圃場エリアもお願いします。

とにかく、怪我が無くてなにより。

こちらこそ、色々とお世話になりました。
今なら動きやすい季節ですので、是非また声をかけてください。
体を鍛えて待ってます。