田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #535 年末年始の準備は出来てますか?

#535 年末年始の準備は出来てますか?

| コメント(2) | トラックバック(0)

気が付いたら11月も終わり。もうモチ作りをしなければならない季節だ。
昨日に今年度初回ぶんのものを作ってみる。

三枚セットとかいいかも.JPG
 
まったく、今月は更新が少ないかと思えば、商品のPRだけはしっかりしようとするの
だから虫が良いというか自分に呆れるのだが、やはり売らなければどうしようも無い。

とにかく、今回は古代米五色を混ぜたものを試作してみた。
黒米の量が少なかったのでそこまで色はつかなかったが、ほんのり紫色がかって
それなりに縁起も良さそうに見える。
 

 
モチづくりの工程は、要望があれば別途載せることにしたい。玄米モチは好評で最も
良く出るのだが冬場は水換えを毎日行いつつ4~5日浸しておき、蒸かす時間も搗く
時間も長く手間がかかる。それでいて価格は白米モチと同じ。おそらくお買い得だろう。

また、モチを作る前には作業場を徹底的に清掃することも欠かせない。
机や器具、手袋、ヘラなどは全て熱湯で殺菌。周辺の棚や機械はきちんと水拭きして
ホコリを払う。床はどれだけ掃いても困ることはない。

おそうじが最初.JPG

取り出したモチは、粉をつけて伸すことを避け、熱いうちにすぐポリパック詰めを
行う。機械の容器や細々した道具は一回モチをつく度に殺菌。当然着帽の上マスクを
装着。こうして出来たモチはどうやら真冬なら二週間以上放置してもカビが生えて
こないようだ。今のところダメになったという報告は無いが、作る側からすると
冷凍保管するか二週間より前に食べて欲しい。暖房の効いた部屋に放置したらどう
なるかは検証していないがこれも気になる。
販売に関しても保健所に出かけて確認したが、製造日時と消費期限、生産/販売者が
商品に明記されていれば特に問題は無いとのこと。消費期限は生産者が決めて良い
とのことである。のしモチに関しては随分ゆるいが、気をつけるに越した事はない。
 
 

ところで、昨年度は共同でモチづくりを行っていたが、今年は主に単独で作業を行う
必要がある。そこで今月は用具一式を購入。
セイロ二段・釜・フタ・カマド・モチつき機でほぼ七万円。なかなかの出費だが
モチをしっかり売れば割と早く元は取れそうだ。

玄米は混ぜすぎると良くない.JPG
 
後はモチのバリエーション確保と品質の安定である。
次はどんな試作をしようか。浸す時間や蒸かしの加減なんかも納得いくところまで
追求してゆこう。やはりこういった仕事が一番面白い。

 
そんなモチにご用がある方がおりましたらご一報ください。
12月上旬は不在の日も多くございますが、オーダーがまとまった時点で仕込みを
開始し、数日後に生産・発送を行います。ご連絡はお早めに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1828

コメント(2)

うまそうな餅だ。食べてみたい。

モチは好評ですよ。
春まで作り続ける予定ですので、ご用命あれば是非。