田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #523 やそはち作業十三回目 ~籾摺り編~

#523 やそはち作業十三回目 ~籾摺り編~

| トラックバック(0)

彼らの稲刈りから三日。モミはとうに乾燥しているので、速やかに籾摺りを
しなければならない。やってみれば直ぐに終わってしまう作業なので、大した
負荷でもなく、その為にわざわざご足労をかけるのも若干気が引けるものの
折角最初から全ての管理作業を行ってきているときては、やはり体験してもらった
方が良い。今回の参加者は三名。面倒がらずによく来てくれたと思う。
 
 
作業場を清掃し、機械の仕組みや工程、操作方法などを簡単に説明の上作業開始。

これはかなりレアな体験です.JPG
 
籾摺り機に一名。選別機に一名、袋をしばって運ぶのに一名。
こちらは異変がないかを監視。

籾摺り機のセッティングは既に出ているので、彼にはモミの投入量及び選別版に
供給される玄米の量、選別の仕切り位置調整に専念してもらう。
 
二番戻し.JPG
 
玄米には殆どモミは混じらず、排出は最後まで安定していた。
写真は、二番の戻りモミを最後に投入しているところ。この中には未熟米が多いので、
あまり混ぜなくても良いのだが勿体無いのでどぷせならと最後まで選別を加えた。
因みに、玄米は未熟・乳白・着色など殆ど見られず、品質は相当高いと思われる。

 
案の定、籾摺り作業は一時間程度で終了し、午前中はまだまだ時間がある。そこで、
社会化見学も兼ねて、仕上がったばかりの玄米を検査場へ運んでゆく。
 
ちょっと社会科見学.JPG
 
彼らの米は、こちらの収穫したものと合わせて数がまとまった時点で検査を行う。
どうせなら一等米になって欲しいが、結果はいかに。
 
米倉の中で、おじさんに色々とお話を伺う。
 
米倉の中.JPG
 
質問攻めのおじさん。お忙しいところどうもご対応くださってありがとうございました。
 
 
判定やいかに.JPG
 
質問は、検査方法や等級の判定基準、周辺にあるほかの検査機関や資格、検査以降の
コメの流通経路の今昔など多岐に及んだ。どれも、ただの田植え・稲刈り体験ではまず
教わる事の出来ない貴重なお話。これです、こういうのがやそはち活動の特徴なんで
すね。今回来てくれたメンバーは、相当に貴重な経験が出来ているはずです。
 
 
そして午後、朝は小雨が幾度かパラついていたものの、なんとか天候が持ち直して
きたので、稲刈りに出動。今回は、こちらの田んぼも手伝ってもらう事が出来た。
 

これは良い機会とばかりに、前回の稲刈りの際に行えなかったコンバイン操縦訓練も
実施。 
 
機械がサマになる岡田.JPG
 
トラクタを操縦させた時といい、今回といい、女だてらにスジの良い岡田さん。
細かいことはあまり説明しないほうが良いのかもしれない。本人は、前回の作業で
コンバインが怖いという感想を持っていたはずなのだが、人とは良くわからぬものだ。

 
ここなら割と簡単.JPG
 
リーダーは、冬からここまでに使用してきた全ての作業機を扱った事になる。
水稲関連操機械訓練終了証でもテキトーに書いて渡しておきたくなった。
いやはや、お疲れ様です。 
 
 
いいとこどりの巻田.JPG

マッキーは、作業参加回数はさほど多くないものの、十時間耐久神輿担ぎや農政懇談会
なども含め、毎回貴重な経験をしている。初回は手/機械除草と代かき、そして今回も
籾摺りをはじめ、手での稲刈りと脱穀、コンバイン操縦と作業が目白押し。いやはや、
参加のタイミング次第では、こういった濃縮体験の提供も出来ていた訳だ。

 
午後作業は、どうしても時間との戦いになる。本当はもっとやって欲しいのだが、
コンバイン訓練は、一人田んぼ二周までとし、手が空いた時間は彼ら本来の田んぼで
イネ刈りの続きをしてもらう。
 
台風接近に伴う対応.JPG
 
刈り残している部分には、だいぶ傾いているイネがある。以降、台風の接近が予想
されるため、倒伏するまえに、やばそうな部分を集中して刈り込み、脱穀しておく。

こちらの稲刈りも、暗くなる前になんとか済ませ、彼らのイネを脱穀するため、
コンバインを回送。日没寸前まで脱穀を行う。
 
日没寸前まで作業.JPG
 
この日は、普段よりも遅くなるまで作業せざるを得なかった。振り返ってみても
随分と密度が高くて長い一日になったものだと思う。みなさん、よく頑張りました。
昼と夜に食べた、初めて収穫したお米の味はいかがなもんでしたか?それが、今日
参加した者にとって一番の特権なんですよ。



やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。

こちらと連動して、作業報告も上がっています。
彼ら視点での田んぼ活動も、是非読んでみてください。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1815