田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #520 野菜の自生地

#520 野菜の自生地

| コメント(2) | トラックバック(0)

雨が続いた後は、雑草が沢山生えてくる。まだ気温が高いので、夏の雑草も
次々に再生を繰り返す。冬雑草ならば、生えてきても丈が伸びないので、比較的
放置しても畑はそこまで管理しにくくはならないのだが、ここはやはりもう一度
叩いておくほうが得策だろう。

これは心強いやつ.JPG
 
そんな訳で、また畑を耕してきた。
稲刈りが出来ないので、耕すか草を刈るかくらいしか出来ないというのが本音だが
やれることはやっておくに越した事はない。
耕うん機のほうは動き出せば快調なもの、始動に手こずるようになってきた。
特に熱間再始動(使用中にエンジン停止してからの再始動)性が悪く、まず動き出して
くれない。しっかり直るかは分からないが、少し手入れをしてやる必要がありそうだ。
 
 
畑に行ったなら、相変わらず雑草化した野菜の観察もしておく。
ダイコンも、今年は沢山生えてきた。 
 
二度目の自然発生.JPG

種があったので蒔いておこうかと思ったら、自然発生のもので自家用は賄えそう。
ちゃんと間引いたらしっかりしたダイコンに育ってくれるだろうか。

 
夏の間に草にうずもれ、この間はどこに生えているかわからないまま草と一緒に
刈ってしまったネギも順調に再生中。

本当にいなくならない.JPG
 
驚いた。雑草の再生よりもかなり早い。刈り込んだ段階でいなくなるかもしれないと
思っていたのだが、杞憂だったらしい。三年近くもまともな管理をせずに植えっぱなし
だったせいか、異常に強力な性質に変化してきたか。そろそろこの畑の土質にもだいぶ
適応した頃だろう。

ルッコラは、現在どんどん発生してきているところ。
刈りこもうが耕そうが簡単にはいなくならなそうだ。珍しくなくなってきたから
もう写真も撮らなくていいや。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1812

コメント(2)

熱間再始動性をあげるなら、ダメ元で二次エアを吸わせて見ては?
インシュレーターに穴あけ加工、そこにパイプを立ててチュービング、
オンオフのバルブを設けて、再始動時にほコックオンでエアを吸わせる。
もしかしたら、これで多少は良くなるかも。

ども、助言ありがとう。
そうだね。それなら簡単に出来るし、キャブ清掃とプラグの熱価見直しして
改善されなければ試してみようかなと思います。
けど、うちにある機械は不特定多数の人が使うことが多くて、クセのある機械って
渡しにくいんだよね。人によっては正常なものでも全く始動できず、カブらせちゃう
なんてこともザラ。F950は当分は自分専用になりそうな感じです。