田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #515 仕事?奉仕?

#515 仕事?奉仕?

| トラックバック(0)

冗談抜きに草刈りしかしていない。田んぼの面積が増えているせいもあり
昨年よりも圧倒的に頻度が増えている。
 

今日は、棚田の草刈り。
作業の優先順位からいくと低いのだが、急にやらなければならなくなった。

これで何回目だ?.JPG
 
別に地主さんがとうだとかいう話ではなく、来週・再来週と保育園の児童たちが
この田んぼに遊びに来るという連絡が来たので、最低限は刈っておかなければなるまい。
 
以前は、いつ訪れるかというのも知らされる事はなかった。恐らく向こうも誰に連絡を
して良いのか知らなかったとも思うが、とにかく代かきでトラクタを田んぼに入れる
日や、草ぼうぼうの状態で遊びにこられたりすると、こちらも気が気でなくなる。
そこで、春に田んぼで保母さんを捕まえて、来る前に連絡くださいと伝えておいた。
 
子供たちが遊びまわるのは大いに結構なことだ。しかし、子供が蜂にさされたり、
マムシに噛まれたり、刈った笹で足を踏み抜かれたりしたら一大事だ。それらの
リスクを知って欲しいのである。ついでに、水路の水を落とす前の方が生き物も
沢山いるので子供は喜ぶだろう。

 
今回のように事前に知っていればまあ対応は可能。
お人好しだとは思うけれども、子供も好きだしこれはこれでいいか。
どうせ稲刈り前には草を刈る必要もあるし。そんなことを重いながら通路とアゼの
草を刈る。夕刻になるとアブや蚊の襲来が激しくなるものの手・足・頭とも防具を
まとっているおかげで被害なし。結局日没寸前まで作業が出来た。 

湿地どうしようかな.JPG
 
ここで悩むのは湿地の草を刈り込むかどうか。
ここは、生き物もそれなりにいるとは思うが、積極的に入っては欲しくないところでも
ある。だったら、敢えて刈らずに残しておくか・・・。
 
子供がこの田んぼでどのように行動するのか、来たら良く観察しておこうか。
それと、流石に一人で準備するのもこの時期だときつい。もう少し仲良くなって
そのうちに保育園の方々にも草刈りを手伝ってもらえればなと思うことししきり。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1804