田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #511 やそはち作業十回目

#511 やそはち作業十回目

| トラックバック(0)

やそはちの作業も稲刈りに向けて大詰め。今回は8月17日の様子。
彼らの田んぼも穂が揃ってきている。稲刈りは来月中旬過ぎの
予定。今回は友人が持ってきたカメラで撮影してくれた。
 

珍しい広角写真.JPG
 
 
元のデータ量が多いので、サイズを縮小して圧縮するとなんだか解らない映像に
なってしまうので、今回は特別に大きな写真になった。まあ、たまにはいいか。

 
今回の作業はモチ米田んぼの除草と、メイン田んぼの草刈り。
別にこれまでとそれほど変わらないが、モチ米は植える時期が遅かったのでまだ穂が
出ていない。8月の中旬で普通に除草が出来るのは特筆すべき事。
 
 
8月になっても草とりですか.JPG
 
今回の参加者は少ないものの、除草も草刈りも未経験なメンバーもいることから
遅くまで機会を提供できるのは良い。これまでも、代かき・田植えをここで濃縮経験
させることに成功している。思いつきでモチ米を植えたのは正解だったようだ。
 
 
手押し除草機は、今年になって二台追加。
今回使用したのは、各々一条用で、幅が広いものと狭いもの。二条用はイネの株が
成長してくるとどうしても使用しづらい。
 
モチ米とれるかな?.JPG
 
田んぼが狭いので、三人でも充分に対応可能。
ただし、やたら暑いので真昼の作業は避けた。真昼に無理矢理やらすのは、なんというか
せっかんをしているような気がしてならないので。そんな訳でみなさんお気楽にどうぞ。
 
 
てっちゃんの除草.JPG
 
初めての除草、慣れたかな?
てっちゃんは生き物が大好きなので、今回は田んぼの植物採集もしてもらいました。
後で種類を聞いてみたら、かなりの数の雑草が生育していることが判明。コメは沢山
採れた方が良いけど、やっぱり植生も豊かなほうが面白いと思う。
 
  
リーダーは、もう何度除草をしているか分からない。
雑草を踏み潰して泥に埋め込む様子も貫禄のようなものが出てきた。
 
草取り溝掘り隊長.JPG
 
本当に地味な作業でも粘り強くしかも楽しそうに行うので感心するばかり。
ここまで良く頑張ってくれました。
 
 
夕方になってくると、少しは日陰が出来て空気も涼しくなる。
それでも休憩と水分補給はこまめに行ってください。

なんか生き物いた?.JPG
 
その甲斐あってか、これまで作業中に体調を崩した参加者はゼロ。
けれど、油断は禁物。最後までケガと体調不良に気をつけよう。
 
 
 
暑いながらも、そろそろ秋の気配。田んぼには、田んぼでは大小さまざまなヤンマの姿。

ヤンマ増えたんだよな.JPG
 
今年は数がかなり多くなった気がする。
側溝を深く掘り、湧き水を張りっぱなしにした田んぼが彼らの棲家になっているの
だろうか?
 
 
こちらは、やそはちのメイン(コシヒカリ)田んぼのイネ。

昨年よりも良いですね.JPG 
 
穂が少しずつ重くなってきた。
そろそろ落水して稲刈りに備えよう。ただ、その前に溝掘りをしておこうかという
感じかな。今のまま側溝の水を落としたら、だいぶ生き物が死んじゃいそうだから
掘りなおして最低限の水深は確保しておかないとね。

 
 

リンク
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。

こちらと連動して、作業報告も上がっています。
彼ら視点での田んぼ活動も、是非読んでみてください。
ここのところは、田んぼ以外の活動も盛んなので、彼らがアウェイで活躍している
様子も読む事が出来ます。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1800