田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #506 もう一押し

#506 もう一押し

| トラックバック(0)

今月の中盤までは草が目立たなかった田んぼも、そろそろ機械除草が必要になって
きた。暑さも厳しいので、朝夕に集中して作業を行う。

もうこんなになってるし.JPG
 
遅く植えたイネは、生育期間が短いため、除草機を通すタイミングは一層重要。
暑い時期は、雑草の伸長速度も尋常でなく作業が出来ない日があると落ち着かない。
だが、連日の除草に疲れ果てたせいか、作業自体はあまりやりたくないという複雑な
気持ち。結局のところ、やらないと後悔するのが目に見えるのでやるという感じに
なっている。夏休みの部活のようなノリで仕事が出来れば良いのだが、五月からずっと
草の相手が続いているとなると、マインドの修正は難しい。
とにかく、そんな状態になりながらもあと少しの所まで来た。除草が終わればあとは
稲刈りまでに行う田んぼ作業は主に草刈りだけ。草刈りならば、マイペースでやっても
問題無い。
 
 
日当たりの良くない田んぼは、イネが貧相に育つためか、虫による葉の食害なども
目立つ。だが、深めに水を張った状態で除草機を通せば、機械が通過する際に
イネが一瞬水没するので、虫を水面に叩き落とす事が出来る。
 
虫もはたき落とせます.JPG
 
イネの葉っぱを食べるコブノメイ蛾の幼虫が面白いように沢山浮かんでもがいている。
ツト虫に効果があるのかは不明。だが、イネを倒す時に、クモなども巻き添えにして
いるので、効果的にはそれで相殺されているのではないかとも思う。
もともと田んぼに虫がいてもあまり気にしない性分、生き物のバランスが保てていれば
それで良い。

 
 
棚田の最上段は、例年同様に貧弱なイネが育っている。

リアル半日村.JPG
 
株の周囲に全く草が出ていなくても、こんな有様なのだから参る。ひどい場合は
分けつが全く進まず一本とか二本のままという株まで・・・。葉も虫食いだらけで
ボロボロ。昔の飢饉の話などを読んだり聞いたりすると、まずこの田んぼの様子を
思い浮かべる。

日当たりはどうにもならないとしても、もう少し風通しを良くしたいなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1795