田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #504 やそはち作業 ~地域交流編~

#504 やそはち作業 ~地域交流編~

| トラックバック(0)

先週末も学生が五人やってきた。だが、今回は通常作業とはまるで赴きが違う。
 

初日の夜は、地元の農家さんや農業委員さん、県や市の農政関連役人さん、地元の
新規就農者を交えての懇談会。やそはちの活動を地元の方々に知ってもらう機会に
とどまらず、これからの農業やその関わりのあり方、現状の問題点など、学生が
興味を持っていることを学ぶ非常に良い機会である。


いきなり接点増えたね.JPG
 
この席の詳細は、やそはちメンバー(やべっち)が彼等のWebページでまとめて
くれているので、ご興味のある方はそちらを参照すると良いだろう。
 
 
しかし、これが今回のメインイベントでは無い。
彼らにとっては翌日に行われる地元のお祭りが本番となる。
 
 
 
ご近所のみなさんと.JPG

 
と、言う訳で翌日は神輿デビュー。
この祭、実は担ぎの助っ人として昨年も向風学校メンバー3名と自分も参加している。
とにかく、正午に始まり担ぎ終わるのが夜10時と異様に長い。そして、この立派な
神輿がとても重い。昨年は体調不良のまま参加したので、ヘロヘロになった。
 
 
さー担ぐかね.JPG
 
ただ、連続で10時間担ぐのではなく随所に休憩所が設置され、そこで地元の方々が
用意してくれた飲み物や食べ物を頂くことが出来る。勿論、お酒も飲めるが程々に
しておかないととても全行程を乗り切れない。

 
神輿は、ただ担いで練り歩くだけでなく、激しく揺さぶったり、高々と持ち上げたり
グルグル回すなど、実に荒々しい動きが加えられる。まあ、気を抜いていると非常に
危険なのは察してもらえるかと思う。
 
とかく重いんすわー.JPG
 
 
皆、最初ぎこちなかった動きをしていたが徐々に馴染んでゆく。時間の経過とともに
地元の方々との会話も増えてゆく。
 
 
夜になると、封鎖した国道に出て練り歩く。屋台(大型の山車)も登場し、
ギャラリーが増えてくるので、パフォーマンスも疲労も激しくなってゆく。 
 
国道封鎖して夜も引く.JPG
 
それにしても、みんな若いなぁ。自分も担ぎっぱなしだけれど良く粘ってくれている。
『役に立ってますかね?』と、地元の若い担ぎ手さんに尋ねたら「本当に助かる。」
とのことでした。
 
 
最後の休憩所で記念撮影。
 
みなさん元気でなにより.JPG

みなさん、たいへんお疲れ様でした。
地元の方々にも感謝です。 
 

神輿の造りは、この上無く立派なもの。
この後、しばらく担いでから神輿は神社の中へと丁寧にしまわれていった。
ご神体を担いでいたのだなあと改めて気付かされる。

果たして余所者が担いで良いのかと最初は思ったけれども、手伝いにきたという
意志に相応しい働きが出来たのではないだろうか。
 
 
ただ、

『どっか都会から人が来て田んぼやってるみたいだな。』

で終わってしまう活動だったら、やっぱり勿体無い。これがどういった形で地域や
彼らの将来に影響してゆくのかは、自分だけで考えてみても絶対に分からない。
だからこそ、隔たり無く皆で考えて行く末を見ていけたらと思う。

この祭の詳細や感想についても、やそはちメンバー(マッキー)が記事にしてくれた。
読んでみると、当ブログより様々な観点から物事を捉えている事に関心してしまう。
 
 
ところで、やそはち田んぼの現在は・・・。

いい姿に育っています.JPG
 
あらま、なんか良い姿に育っている。
 
 
いちばん最初の穂みっけ.JPG 
 
一昨日、一番最初の穂が出てきた。
 
 
しっかりと頭も体も使って努力すると、作物も応じてくれる。
では、イネに花が咲いて籾が詰まってゆくということは、彼らの将来へひとつの
きっかけを与えてくれていると考えても良いのだろう。
 
 
 
リンク
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
夏休み目前にして、更新頻度が上昇中。

こちらと連動して、活動報告も都度アップ。
各自が思い思いに書く記事は、秀逸なものばかり。読めば普通にためになるでしょう。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1793