田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #499 作業能率低下中

#499 作業能率低下中

| トラックバック(0)

相変わらず、除草・追肥・草刈り・アゼ修正作業ばかり。
他にやることはないのかと言われれば、疲れて昼寝をする程度。
機械メンテにまでは手が回らずにいる。
  
 
それにしても暑い・・・暑すぎる。

暑い・・・暑いんだよぉ.JPG
 
真夏の除草機はヤバい。暑さが増すにつれて、排気ガスも堪えるようになる。
無理するとロクな結果にならないので、この作業は一日二時間までに抑える。
朝夕に集中して作業しないとそろそろぶっ倒れそう。そう思って朝早めに田んぼへ
出かけても、昼まで食い込む事が多く、次第に疲弊してゆく。
 
思えば、三月上旬に種蒔きを始めて以降。ノンストップでここまできた。
もうそろそろ少しは休もう。単独でやったにしては上出来だと思う。

 
 
除草していたのは、棚田の一番上。
陽当たりも風通しも悪いので、ここに植えたイネはどうしても徒長気味になって
しまう。そこで、丈が伸びにくく倒伏に強い品種を植えてある。
 
 
半日村の徒長イネ.JPG
 
写真は正午直前に撮影したものだが、この時間になってもまだ田んぼ全体に陽が
差し込まない。陰ることの多い所は、イネが泥をかぶって倒れ、除草機に巻き込まれる
率も高くなる。仕方なく引き起こしながら通すが、泥にそのまま埋もれてしまう
ようなヒョロヒョロの株はもう途中から無視した。どうせ比較的密に植えてあるのだから
間の株が少々消えたたところで気にしなくても良いだろう。周囲の隙間が多い所に
あるイネは、その分だけ株も大きくなる傾向にある。株や茎は太くなればなるほど
倒れにくいのだから、適度に間引いてやったのだと強引に納得。

本当は、心の中でごめんなさいと呟いているのだけれど。
ちょっと今日は集中力が切れていた。

 
ついでに追肥も行ったが、資材が足りなくなりそうだったので、ここには
ヌカを撒布した。

枯れ田に花を咲かせましょう~.JPG
 
除草目的で、生ヌカを生育初期に田面に撒布するという話は良く聞くが、追肥に
使用してちゃんと効くのか、タイミング的に他にも問題が無か検証してみよう。
最初からあまり収量を期待出来ない所では、こういった実験を行うのも特に抵抗は
無い。ヌカは田面に撒布すると同時に水口からも溶いて流し込んだ。除草直後で
表土の露出がかなり多かったので、水を出したまま放置して帰ってきたが、上手い事
全体に広がってくれただろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1788