田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #492 なんでも野草化

#492 なんでも野草化

| トラックバック(0)

草刈り、草刈り、草刈り・・・。
田んぼから田んぼへ今日も刈って回る。ついでに畑の草も刈る。
いつも刈ったら直ぐに耕そうと思っているのだが、どうしても後回しになり、
気付いたら元の草叢に戻っている。例によって何も植えていない。
 
 
植わっているのはニラやネギ、食用菊。
ニラはかなり重宝するので、畝間の草を刈り、周囲の雑草を手で抜き取る。

モロに競合.JPG
 
で、草むしりをしていて気が付いた事がある。
上の写真のようにイネ科雑草と競合すると、生育は特に悪くなるのだが、

 
 
割と仲良し.JPG
 
スギナ(トクサ科)や、比較的小ぶりなマメ科雑草ならそこまで被害を受けないらしい。
だからといって、別に放置していて良い訳でもないだろうが、イネ科雑草があまり
生えてこないような条件を整える事が出来れば、いくらか楽になるだろう。

 
畑を放置気味にするようになったのは、単純に手が回らないからだが、次第に
モチベーションも下がっていったようで、なんだか最近は草刈りしているだけでも
良いかなという気になっていたが、それでは折角の土地が無駄だ。
 
なんだかんだで抜く.JPG
 
草をむしりながら、何を植えようか、どんな資材を使ってみようかとあれこれ考えて
いると、少しは気持ちが回復してくる。そうやってボーっと作業しているうちに、
意外な収穫物を見つけた。
 
一人暮らしサイズだな.JPG
 
一度収穫の済んだキャベツの残り株が再生して三つに分かれ、小さなキャベツが三つ
出来ていた。流石に、露地で農薬も使っていないとなると虫食いが激しく、相当に
皮を剥かなくてはならず、一つ一つはゲートボール大の大きさ程度にしかならないが、
これは一人暮らしに丁度良いサイズ。既に野草化したルッコラやジャガイモをはじめ、
ダイコンの実や二度目のキャベツなど、放っておくだけでも色々と収穫を楽しむ事が
出来るのは、野菜で商売をしていない人間の役得だろう。いや、勿論ちゃんとした
野菜も育てて販売出来るのが理想的なのではあるが。やっぱり中々畑にいられない。
草刈りと収穫が済んだら、速やかに次の田んぼへ除草作業をしに向かう。

 

でもやっぱり、田んぼでも気になるものがある。
種が飛び散るまで作物を放置して、以降もそのおこぼれにあやかるという、勝手に
〇〇シリーズは、どうやら田んぼでも始まってしまったのかもしれない。
 
勝手にモチ米.JPG
 
敢えてトラクタを通さなかったところから、イネが勝手に生えてきて順調に育って
いる。この田んぼでは、昨年と同じ品種を植えているのでこれも収穫して問題無い
だろう。生えてきた当初は、ヒエだと思っていたが、何か様子が違うのでそのまま
観察していたら、やっぱりイネだった。
血眼になって、何でもかんでも駆除していたら、こういった観察は出来ない。
植物を見ていて気になる事があれば、少しは時間をかけて様子を見てみると
面白いし、それなりに良い事がある。

この野生イネももう雑草そのもの。露地の苗なんか目じゃない位に強い。
コレ位強い苗を育てられるようになりたいものだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1781