田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #474 やそはち作業六回目

#474 やそはち作業六回目

| トラックバック(0)

やそはち田んぼは、田植えから三週間以上が経過。
田植えから今日も元気に草取りをしましょう。
 
二週間前の除草以降も、コナギが順調に発生中。 

これでも少ないんです.JPG
 
これでも、昨年・一昨年よりも少ない。その話をしたら、これでも多いのにそんな
状況は想像がつかないと言われてしまった。
尚、イネ自体の初期成育も格段に良くなっている。この時点でしっかり除草が出来
たなら、以降は仮に何もしなくても恐らく昨年より収穫量が増すと思われる。
 
 
それじゃ始めますか。 
 
手取りが基本.JPG
 
この時期の雑草はまだ小さいので手で土をさらって浮かせるのが基本。
ただ、今回の参加者四名なので、手作業のみでは恐らく終わらない。
竹箒や熊手も使用してみたが、役不足。

 
と、いう訳で手押し除草機を使用。

岡田さん.JPG 
 
用意したのは借りてきた二条タイプと、もともとこちらにある幅広(27cm)の一条。
全員でかわりばんこに使ってもらう。
 
北川さん.JPG
 
最初のうちはコツをつかめず、動かし方もぎこちなく、泥が除草機に乗ってしまったり、
株を気にしてペースを上げづらそうだったが、次第にそれも解消。 
 
 

昼食後は、毎回田んぼの不空数箇所で地温の測定。
 
恒例の温度チェック.JPG
 
シーズンを通じて測定すれば、ざっくりと生育状況と温度分布の相関が解る。
これもまた楽しみだ。 
 
 
 
とにかく、一日中かがむか除草機を押す訳だが、誰も音を上げない。
休憩は各自で判断して取ってもらう。そろそろ厚いので、ちゃんと休んでくださいね。 

あと少しですよ.JPG
 

除草機もラストスパート。
 
 
除草機スパート.JPG
 
 
所定の作業は17時頃に完了。
 
かなり叩いた.JPG 
 
これだけ叩いても、まだまだいなくならない。来週も除草予定があるので
引き続き頑張りましょう。

 
ついでに今回は、肥料撒布も行ってもらう。
追肥のタイミングにしては早すぎるが、とにかく経験してもらうという意味合いを
重視した。
 
肥料撒布もやってみよう.JPG
 
入れるのは、肥効の少ない有機肥料一本のみ。効きもゆるいのでこれなら大丈夫
だろう。尚、元肥自体は田植えと前後して行うべき作業だったが、田植えの段階で
肥料が間に合わなかったので、数日後こちらが代わりに作業しておいた。
 
 
これは、重たいし全面にムラ無く撒くのが意外と難しい。
 
ちょっとムラが・・・.JPG
 
田んぼ全体に入れる前に、使い切ってしまった。
でもまあ、それはそれで構わないんじゃないかな。そんなに生育も変わらないだろうし。

それではまた次回。


《リンク》
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
メンバーが交代で、作業報告や各自で決めたテーマと作業報告を中心に更新。
勉強熱心なのが伝わってきます。
(勉学の忙しい時期の更新は緩慢になりますが、どうぞご理解ください)

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1762