田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #462 やそはち作業四回目

#462 やそはち作業四回目

| トラックバック(0)

先週の土日はやそはちの作業日。
いよいよ田んぼの仕上げと田植え。いよいよ前半戦の締めくくりとなり、参加者は
過去最高。気合も充分。存分に作業していってください。
 
種を蒔いた段階では寒すぎてどうなることかと思ったけれど、苗も無事に間に合った。

生育順調根っこも大丈夫.JPG
 
生育も根っこの張りも良好。正直、ここまでしっかり育ってくれると自分も嬉しい。
 
 
 
初日には、向風学校メンバーも6名ほど支援参加。
 
安西によるこまめな指導.JPG
 
二年間の経験があるので、彼らにも作業指導をお願いする。
安西くんなら、こまめの代かきももう慣れたもの。

 
 
初日は、田んぼの面をしっかり出し、雑草を押さえ込むため、尚も代かきを行う。
 
あらゆる代かき手法.JPG
 
トラクタこそ出動させなかったものの、角材引き、整地板(トンボ)、管理機など
あらゆる手法の代かき方法を駆使して仕上げにかかる。ぬかるみが酷くてこれまで
耕起はおろか荒代かきも行っていなかた一部の箇所は、こまめを通した後に角材
を引いて無理矢理に済ます。


同時に、田んぼ周囲の草刈りも行う。 
 
草刈りスキルは全員です.JPG
 
草刈りについては、今後もかなりの頻度で行う事になるため、メンバー全員に
習得してもらおう。ゆっくりでも無理の無い範囲でなるべく時間をかけて慣れて
もらう事にした。この女子は、トラクタの時もそうだったが、かなり機械と相性が
良いらしい。見ていて危なげ無い。
 
 
こまめと格闘する、ミスターアルフォート。
 
まーくん奮闘中.JPG
 
彼はとにかく良く食べる。そしてアルフォートが何よりも大好きで常に携帯している。
コメよりもアルフォートが主食なのではなかろうか。

 
向風学校より参加のお二人。 
 
田んぼDEデート.JPG
 
大型連休は田んぼでデートってのもなかなか良い趣味ですね。
気分転換になったかな? 
 
 
 
周辺の方々からも、タケノコや山菜など差し入れが豊富。
いつも感謝しています。
 
ウドいっぱいもらいました.JPG
 
両手いっぱいのウド。大工さんが近所の山で採ってきてくれた。
夜はタケノコやタラノメ、山椒などで、実に春らしい天ぷらをみんなで食べました。
 
 
角材は、一日中誰かが引いている。昨年も相当土を引っ張ったのだが、今年は
更に田んぼが平になった。これならこの先も期待出来そう。
 
元気にグラウンド整備.JPG
 
この角材代かき、グラウンド整備の筋トれの変形版とでも言うべきか。
あと一週!みたいな感じの絵です。

 

やそはちメンバーには、以前から側溝掘りをしてもらっているが、
ここのところは何故か彼ら自身が自発的に行うようになった。 
 
日が傾いたら側溝掘り.JPG
 
しかも、そのタイミングは彼らの所定の作業がそろそろ終わるという頃に始まる。
エネルギーが有り余っているよう。これには周辺からも感謝されている。
 
 
どうせならばという事で、今回はこれまでよりも更に手強い区間を掘ってもらう。
 
これより更に入るんだぜ.JPG
 
ここは、自分が管理している扇田の上側にある側溝。エンピを挿してみると、どこまでも
入る。(写真は取っ手を露出させているが、全て埋まって尚も入る)
もう、排水路としてはまともに機能しておらず、これまで全く手がつけられずに
いたのだが・・・
 
 
これこそ人員集中の成果.JPG
 
これだけ人が集まると、短時間でもそれなりになってくるから恐ろしい。
流石に一時間強では、水が流れるようになるのが精一杯だが、相当に改善された。
びっしりと表層を覆っていた雑草の根っこが除去し、更にある程度掘る事が出来た
ので、これから先はなんとか自分でも掘ってやろうという気になれる。本当に
どうもありがとう。 
 
 

二日目、いよいよ田植え開始。
 
いよいよ田植え開始.JPG
 
苗代から次々に取り出される苗。
自分たちで種を蒔いたイネは、一ヶ月と三週間かけて、しっかり彼等に歩調を
合わせてくれていました。
 
 
尚、彼らは農学部の学生なので通常の手植えだけでなく、全員に田植え機も
操作してもらう。結果、2/3以上が機械植えとなったが、補植も発生するので
まあ、作業としては、両方しっかり体験出来る訳で、これはこれでバランスが良い。
 
がんばって補植中.JPG
 
田植え機がぶれると、かなりの空間が開くので、そこら辺はこのように手植え。
田植え機で作業している様子は、指導にかかりっきりだったので撮影出来ず。 
 
 
にゅーんの田植え.JPG
 
結構みなさん飽きずに真面目に植えてくれるので、作業は本日も順調。
草取りの際には、また補植が出来ますので、どうぞよろしくお願いします。

 
なんとなく撮影したひとコマ。
 
なんでも絵になるね.JPG

この日は初夏の陽気。
天気がよければ何でも絵になる。空を映すと汚れが移り込むのは、どうにも直らないが

 
 
 
手植え区間は、恒例の特大ラインマーカーを使用。

恒例のラインマーカー.JPG
 
前々日の大雨の影響を引きずり、水位を下げ切れていなかったため、一人がマーカーを
引き、そこに何人かが追従する形で手植えを行う。田植え機を使った区間よりキレイに
植わっていた。
 
 
午後になってくると、みんな手つきも慣れてくる。
 
慣れてる感じ.JPG 
 
荒起こしの時と同様、なんかそれっぽい姿になっている。

 
 
みんなで塗り固めたアゼは、本当に丈夫になってきた。
 
どんどん歩いて固めよう.JPG
 
どんどん歩いて固めよう。そうすれば草もそんなには出てこないし。
一昨年は、何となく盛り上がっている程度だったところだが、毎年補強され、
今年は本気を出せば30センチ位の水深を稼げる程までに立派なアゼとなっている。

 
通りがかる方々とも、話が弾む。 
 
昔の苗みたいなんだってさ.JPG
 
年配の方々は口を揃えて良い苗だと褒めてくれた。昔の苗に似ているんだと。
昔の育苗手法を聞くと、どうもこの苗はそれに近い方法で育っているらしい。
必要に迫られてこうなっているだけなのだが、結果的にそこまで間違っている
方法ではないのだろうと改めて思う。
 
 
この日、彼らの作業は予定より前倒しで完了。
大型連休ということもあり、普段より余裕を持って行動できたのは何より。
また、今回も先輩が手伝ってくれたことによるものが大きい。
色々と面倒を見てくれる方々あってのこの活動。引きつ続き、支援者の心意気にも
報いて行きたいところでございます。
 
 
《リンク》
 
やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
メンバーが交代で、作業報告や各自で決めたテーマを更新。
メンバーも少しずつ増え、各々の視点や個性を反映した記事が見所になっています。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

 
 
向風学校 過去二年間の田んぼプロジェクトなどの様子はコチラから。
また、安西直紀が何者なのか興味を抱いた方も要チェック。
本年も、鋭意活動中!

http://headwind.sc/archives/2007-06.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1747