田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #455 やそはち作業三回目

#455 やそはち作業三回目

| トラックバック(0)

時折小雨も降る天気ながら、今日も元気なやそはちメンバー。それが天に通じたのか
日中の天候はなんとか持った。今回の作業のメインは荒代かき。
 
 
でも、やっぱりまだ側溝掘りも行っていたりする。
リーダーは毎回率先して泥さらい。この生真面目さはどこから来るものなのか。

溝堀り隊長ですね.JPG

掘った泥をアゼに盛って補強しつつ、埋まっていた暗渠管を掘り起こす。
田んぼの地下排水は、一応まだ機能していることを確認。

 
昨日、カゴ車輪と尾ソリを装備させておいた管理機も早速出動。

特代だけが入手できない.JPG
 
負荷が高い場合は、PTOギアが抜けやすいものの快調に働く。
大型の耕耘機ながらも、参加メンバー全員それほどの難も無く操作出来た。

 
P1040950.JPG
 
 
一応、FF500もインチキ代かき車輪を装備してスタンバイしていたが、今回は
より水田に特化した機体があったため出動せずに済んだ。しかし、F950に装着
されているロータリーは標準仕様。実は代かき専用のローター(通称特代)が存在
する。それだけが入手出来ない。代かきローター用の新品カバーは、いつもの農機屋
さんに在庫があったのだが、これも絶版部品だろう。ローターは気長に探してみるか。
尚、尾ソリはF860用に設定されているジョーニシ製のものがまだ新品で入手可。

 
 
やそはちも昨年までの向風学校と行っている事は基本的に同じだが、彼らは農学部の
学生ということもあり、より実践的な事も学びたいという意見だったので、それを
反映し、トラクタの操縦を行ってもらう。
 
本来、基本操作訓練は畑で行うべきで、田んぼは応用編もいいところなのだが
まあ田んぼしか無いのだから仕方が無い。

機械化研修中.JPG
 

 
中には、普通免許が無いのでこれが初めて運転する四輪者だというメンバーもいたが、
とにかく全員基本操作の呑み込みが早い。流石に、オート制御の設定や耕深と車速の
微調整などはこの短時間には伝え切れないので、その辺りは固定せざるを得なかった。
もっと上手になりたいという声があれば、田んぼ作業以外に機械研修を別途設定する
かもしれない。

 
機械化研修②.JPG
 
それにしても、刈払機のケース同様に女の子のスジも相当良い。どうしてもこの類の
ものは、『燃える男の赤い・・・』というイメージが強いのだが、どうも違うらしい。
旋回操作をしっかり教えた上、縦横無尽に走り回らせず、区間を指示しておいたので、
田んぼも深くならずに済んだ。 
 
 

作業のみならず、自発的にデータ収集もしているあたりが、いかにも理系。 
 
地温やらガンマ線やら測定中.JPG
 
至るところ地温や水温、放射線量を測定した上、土壌サンプルももって帰る。
何か判ったら教えてください。
 
 
 
まだ田植えまでには二週間ある。
植えてから撒布すると失敗しやすい生ヌカも、大量に使わなければ今なら何とかなる
かもしれないと思い、試してみることに。

♪リズミカル♯.JPG
 
なかなか軽快な動き。今回は、全員田んぼ足袋を履いていたので動きが見違えて
見える。作業効率もだいぶ改善しただろう。 
 
 
 
荒代かきは割と早く済んでしまったので、最後は全員で側溝掘り。

気合のありすぎる人たち.JPG
 

リーダーがずっと溝掘りしてるんだから、そりゃあみんなやるよね。
って、違います。これは全員のモチベーションが異様に高いのだ。と、言うか

掘る → 別の区間で流れが滞る → そこを掘る → また別の所で ・・・

という具合なので、結局全体を掘らないといけなかっただけというのも、
もうひとつの真実である。
 

溝掘り中は、生き物が出てきたら捕獲してバケツに放り込んでおいてもらう。
 
なんかいた~?.JPG
 
おやおや、何かいましたか?
例によってザリガニとドジョウは連れて帰ってきた。
 
 
水位を上げたため、苗代田んぼのアゼも一部水没しかかっているので修正。
 
苗代も修正.JPG
 
どれだけ水位が上がったか良く判ると思う。
最も深いダムの部分は、水深60cmを超える。
 
地味な作業だが、泥でアゼやダムを作るのも割と面白いものだ。
 

さて、このようにモチベーションが高すぎて作業時間は少々押してしまったが
日没直前に後片付けも含めて全て完了。 
大変良くできました。 
 
たいへんよくできました.JPG
 
次回はいよいよ代かきと田植え。
次回も天気が良いといいですね。


やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
メンバーが交代で、作業報告や各自で決めたテーマを更新しています。
コメにまつわる話を読んでみると、私も知らないことばかりなので、かなり勉強に
なっています。

http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1740