田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #450 溝掘り日和

#450 溝掘り日和

| トラックバック(0)

【やそはち苗】の様子がどうなったか、メンバーは気になるらしく
作業予定日ではないが3名やって来た。

丁度、そろそろ田んぼに移しても良い苗が出始めたので、一緒に田んぼへ運ぶ。

・・・え。こんな運び方でいいの?

相変わらずのスパルタ式.JPG
 
昨年もこうしているが、別に大丈夫。
伊達に露地で強く育てている訳ではない 
 
 
三角田んぼを整地して苗を投げ込んだら、次は水位調整のダムづくり。
 
ダム作ろう♪管埋めよう♭.JPG

排水の度にダムを崩すのは非効率なので、堰の下には塩ビ管を通し、出口は栓を
つけておく。(本日は解放)また、頂部にも、オーバーフロー用の管を設置する。
このままダムが乾いて固まってきたら、排水パイプに栓をして水位を上げてゆき
田んぼに水を導入する。来週末は荒代かき。農業用水バルブを使用しない
場合は、早い段階から水を導入しておかないと作業日までに間に合わない。

 
ダムに土を盛るのも、畦修正するのにも、側溝を掘ってでた泥を使用する。
 
毎度おなじみの側溝掘り.JPG
 
地味な作業だが、これなら無駄も無い。泥の中からは、ドジョウやザリガニが
うじゃうじゃ。気温が上がってきたお陰で、イモリも沢山いた。
 

一仕事を終え、苗代の様子を見ると、なかなか良い感じ。
 
こっからは楽できます.JPG
 
苗代の水位はまだ上がりそうだったので、少し水を逃げるように手で溝を切っておいた。
 
 
投げ込んだばかりの苗の周りには、何故かタニシが沢山集まってきていた。

何故に集まってくる?.JPG
 
苗を食害することで有名なジャンボタニシでは無いので、別に問題は無いのだが、
生き物の行動は、相変わらず判らない事だらけ。タニシの生態でも調べておくか。
 

 
ついでにと、彼らへこちらの作業も手伝って欲しいとお願いしたら、快く引き受けて
くれた。要塞田んぼの側溝メンテなら、どうせ先程まで行っていた作業と似た
ようなものだろう。
 
雑草をはがしています.JPG
 
水路に繁茂している雑草をはがして、底の泥をさらう。

 
要塞田んぼもやっとこう.JPG
 
丸々一年以上放置しただけの事はあって、非常に引き上げる草の量が多い。
ここでも、腐るほどザリガニやドジョウが出てきた。
今度から、こういった作業をするときはコンテナでも持っていって捕まえておこう。
数日泥吐きをさせておけば普通に食えるし。みんなが来る日に合わせて準備しておけば
ザリガニパーティが出来る。
 
 
ところで、先日からトラクタを整備中。

もうすぐ整備完了.JPG
 
本来、今の時期はガンガン稼動してもらわないと困るのだが、今年は出遅れた。
フロント側ホイールハブのオイルシールがイカれていて、オイルがだだ漏れ。
流石にそのまま使う訳にはいかない。 
 
不本意ながらバラせず.JPG
 
取り外したハブを見てみたら、うちにある工具類だけだと分解は困難。
無理してダメージを与えてもも仕方がないので、農機屋さんへハブだけ持っていった。
もう少し、道具を揃えてゆきたいところだが、どこまでそちらに回す余裕を作れるか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1735