田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #427 やそはち初作業

#427 やそはち初作業

| トラックバック(0)

向風学校は、2年間の田んぼプロジェクトを終え、現役の学生たちに活動は
引き継がれた。本日は、そのグループ【八十八(やそはち)】にとって、記念
すべき初の農作業。
さて、今年はどんな展開になるのだろうか。
 
まずは、はるばる遠くまで来てくれてありがとう。 
生コン事務所でのミーティングを終え、田んぼを耕しに行く。

どっからやろうかねー.JPG
 
一反六畝とはいえ、思ったより田んぼは広い。
どっからやろうかね。
 
 
 
昨年、向風学校が追加した農具を加えても、ちょっとまだ足りない。
例によって様々な道具を渡し、使い比べてもらうことにしよう。

 
エンピじゃきついかもね.JPG
 
ちょっと、スコップや、エンピじゃきついかも。
まあ、感覚を養うには色々とやってみるのも良い。がんばってください。

 
午前中は、連日の寒さもあり地面が凍っていたりする。

ちょっとぎこちない.JPG
 
初めての農作業と寒さもあって、まだ動きがぎこちないか?
 
 
体操やっておくべきだったか.JPG
 
体を動かせば、そのうちなんとかなるだろう。
持ち方や姿勢については、自分も作業に加わりながらちょっとずつ指導。
 
 
昼は参加者の持参だったのだが、物足りないだろうと思って、色々出した。
やっぱり、これまでの昼食と同じように和やかな楽しい時間を過ごして欲しい。
 
飯盛り母さん.JPG
 
流石に学生。あればあっただけ食べる。
山盛りのご飯とスープ、玄米モチ、卵、パン、落花生、リンゴなどを気持ちよいほど
全て平らげてくれた。この勢いなら午後も大丈夫。
 
 
思ったとおり作業は順調。
 
慣れてきた~?.JPG
 
慣れると無駄な動きが減ってくる。適度に疲れてくると更に作業はスムーズに。
 
 
だいぶ軽やかな動きに.JPG
 
集中力も増してきた様子。
なんだかんだで、やっぱり真面目なんだなと思う。
 
  
腰の落とすとサマになる.JPG
 
自然に低く構えると良いのが身についたらしい。午前中とフォームが全く違う
若ければ、理屈抜きに体で割と簡単に覚えられるという良い例。
やってみたいと自発的に来るというモチベーションによるところも大きい。
 
 
管理機は二台とも快調。 
 
補助輪なくてもいけますね.JPG
 
田んぼの土は、重たくて粘っこい。埋まる箇所もあるかなと構えていたが、
初心者でもちゃんと操作出来るレベルで助かった。本当は、畑の方がやりやすいん
だけどね。手作業をした後だと、機械の凄さが良く伝わる。でも、最初から依存しては
いけないものですよ。
 
 
作業は順調に進み、冷え込みが厳しくなる前に終了。
 
田んぼに土を戻そう.JPG
 
道具にくっついた土は、出来るだけ圃場で落として持ち出しを少なくしよう。
洗うのも楽になるし。 
 
 
戻ったら、農具を全て洗って終了。 
地下水なので、水は生暖かく感じる。水道水でなくて良かったと思う瞬間。
 
習慣づけが大切.JPG
 
面倒な作業だが、やらないと気が済まないと思える位まで徹底する事が肝。
手入れを習慣づけると、色々なものに愛着が湧くようになりますよ。
 
 
 
かくして、初回作業は滞りも無く無事終了。
次は2月4日に農工大で行われるイベントを挟んで、3月中旬の予定。
鮮やかな感性が、次に何を見せてくれるのか楽しみにしています。
 
 

やそはち(農工大有志による、田んぼ活動のブログ)
http://okomeyasohachi.blog.fc2.com/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1707