田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #407 始まりと終わり

#407 始まりと終わり

| トラックバック(0)

少し作業にも余裕が出てきた。
今日は、助っ人がきていたので尚心強い。

助っ人いると早いね.JPG
 
モミ摺りをしたあとは、刈り残してあった用水路に面した田んぼの法面の草刈り。
水路に刈り草を落とすと、水の流れを滞らせる恐れがあるので、下から上に向かって
刈る。水路の管理は北総東部用水が行っている。近いうちに、水路の浚渫や法面の
補修が行われるかもしれないので、稲刈りが済んだからといって放置せず、なるべく
刈り込みをしておいた方が良い。また、秋が深まる頃に草刈りをしておくと、翌春に
なっても夏草の出は遅くなるようだ。

振り返るってみると、やっぱり今年も草刈りから始まって草刈りで終わってゆく。
他のどんな作業よりも、草刈りの時間が長いという事。
作業自体は毎回変わらぬようでいて、刈る目的は常に異なる。
これをやるから、次の作業がスムーズに出来る。
 
管理作業スキルは、雑草を刈れば刈る程伸びてゆく。これまでの取り組み姿勢は
これがあるから維持出来ているのかもしれない。ならば死ぬ直前まで大いに
刈ってやろうではないか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1678