田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #401 自力で売る

#401 自力で売る

| トラックバック(0)

市役所へ用事があったので、ついでに資材について尋ねてきた。 

例の放射能騒ぎ以降、堆肥・稲ワラ・モミガラ・緑肥などの農業資材は検査が
進み、現在は移動規制が解除され、は流通及び利用が可能になっている。
この紙は、だいぶ前に貰ったもの。 

出ないとは思っていたけれど.JPG
 
この紙だけ見ると安心にも思えるが、米ヌカについての記述が無い。ヌカは何かと
便利なので頻繁に使っているのだが、放射性物質が集積しやすいとされている。

ヌカを田んぼに施用する場合は、その田んぼから持ち出したヌカの量より多く撒布
する必要がある。もしも、放射性物質が含まれるヌカを使用してしまうと、濃集した
ものを撒くことになるので当然元々よりも放射性物質の量が増えることになる。
よって、ヌカの使用が問題視される事が心配だったのだ。なにしろ、精米すればヌカは
必ず出る。自分は、放射性廃棄物を処分する術を知らない。


回答は、使用して問題なしとの事。丁度昨日に県から見解が届いたらしい。
玄米から検出されていないのだから、ここで収穫した米のヌカを使用することに
ついて特に問題は無いだろう。ひとまずは胸をなでおろす。
 
 
尚、米の流通についてはかなり前からOKが出ている。 
 
もう知ってるだろうけど.JPG
 
香取市内はもとより、県内全域大丈夫とのこと。

 
自分が耕作しているのは、下の赤い枠に近い所にある田んぼ。 
 

このへんです、このへん.JPG
 
4月に周辺の放射線量を簡易測定していた結果より、出ないとは思っていた。
大方の読みは当たったようだ。
 
けれども、今までの経緯から考えると食べ物に対して疑心暗鬼になっている方も
大勢いることと思う。だから、今後はいくつかの検体を自主的に測定へ出してみようと
思う。検査機関は混み合っているようなので、今すぐにという訳にはいかないが
結果が出れば、直ぐに報告する次第。

自主流通は個人相手が多い。必ず聞かれる事に対して知識も裏づけも無ければ
誰も安心して買ってくれないだろう。だが、別に『これは安全です。』と
声高らかに売ったりする気も無い。無数のチャンネルから入る情報を信じるか、
販売者を信じるかは購入する人の考え方次第なのだから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1672