田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #383 天気の良いうちに

#383 天気の良いうちに

| トラックバック(0)

台風が近づいてきている。直撃した場合、イネの倒伏が心配だ。
モミの登熟を良くするため、まだ水を張りっぱなしの田んぼがかなり多いので、
少しでも株元の土を固めておこうと、出穂中の田んぼを除いて片っ端から水を落とす。
田んぼに水を張るのは割と簡単だが、思った通りに排水して乾かすのはかなり難しい。

水の切れが悪い要塞田んぼは、排水溝のダムを切って落水させるだけでなく、更に溝を
掘って二箇所から排水させることにした。排水溝は、掘った直後はある程度水を
切ることが出来るが、水位が下がってくると、必ず流れが滞る箇所が出て、排水が止まる
ので、その区間を再度掘り下げなくてはならない。元々田面の高さを揃え切れなかった
田んぼの場合は、この掘り下げに数日を要することもある。当然、その間は田面が乾く
事も無い。従って、台風が来る直前に慌てて落水しても仕方が無いのである。落水できな
かった場合は、逆に水を張ったままにして更に雨で水位を稼いだ方が、水面から露出する
イネの丈が、短くなるので風には耐えられるような気もする。水深が20cm近くあれば
おそらく平気なのではないだろうか?が、今回はそこまで深水を維持出来ていた田んぼも
無いので試すことは出来ない。というか、試すのもかなりのバクチもの。寧ろ、何が
あっても簡単には倒れないような栽培方法を習得すべきかもしれない。

今日も明日も溝溝溝.JPG
 
 
畦畔板も同時に全て抜き取る。
ところで、写真左側の田んぼは既にだいぶイネが倒れてきてしまっている。
今年は、他所の田んぼでも相当に倒伏が多い。これまで、自分の育てたイネは余り
倒れた事は無いが(まともに生育せず、頭が重くならかったけ)、用心するに越した
ことはない。特に要塞田んぼには手間がかかっている。これ以上収穫が落ちたら
何も回収出来ない。

 
四枚の棚田は、日当たりが悪いせいか、どうもイネが徒長気味になる。
クログワイが多く発生するような箇所は、尚更だ。
 
昨年よりマシとは言え、穂の数が少ないイネは強風に耐えられるだろうか?
試しに、手で寝かしてみる。
 
ねかしてみよう.JPG
 
 
手を離した直後の様子。完全には起き上がってこない。

 
ビミョーっすわー.JPG
 
一気に地面までベッタリと倒れてしまうことは無さそうだが、何度も台風が来たら
大丈夫かと不安が残る。出来るだけの事はやって、後は文字通り、運を天に任せる外は
無さそうだ。
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1647