田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #382 植える気あるのか?

#382 植える気あるのか?

| トラックバック(0)

もう三週間近くも畑の様子を見に行っていなかったので、刈払機と管理機を軽トラに
積んで向かう。昨年とうって変わって今年は雨が多い。きっと容赦なく雑草が生えて
いることだろう。
 
 
 
案の定。全面が雑草なので草は刈り放題。平地の草刈りは楽でいい。違った、今月頭の
段階では、いつでも作付け出来る状態だったのに、これでは元の木阿弥。畑の表土が草に
覆われて見えなくなるまでの期間なぞ、あっという間。

雑草生産能力は高い.JPG
 
それにしても、勢いが良すぎないか?これだけの雑草を短期間で栽培できると言う事は
それなりに土も良くなって着ているのかも知れない。雑草は、アカザ/シロザ・アオビユ
メヒシバ等が多い。雨が降った後だが土はフカフカ。以前は雨が降るともっとカチカチに
なっていたのだが、初夏を過ぎたあたりからそうでも無くなってきた。
 
 
 
一時間ちょっとで、全面を刈り終わる。
 
公園の芝生?.JPG
 
 
近いうちに作付けする予定がある奥の区画は粉砕刈り取りの後、管理機をごく浅く通して
雑草の根っこを掘り起こしつつ残渣と土をなんとなく混ぜておいた。また一週間くらい
経過したら、同じような深さで再度管理機を通せば、根茎から再生した雑草及び新たに
発芽した雑草も叩ける。そこから作物を植えつけるという算段。

普段から残渣は深く鋤きこまず、刈り散らしたままにするか、土になじませる程度に
浅く埋める方が土中の生物層を破壊せずに済むようなので最近はずっとこう。
残渣を早く分解したいような場合は、その上から虫のわいたクズ米や生ヌカなどを
ふっておくと良い。


なんだかんだで、この夏もまともに野菜を栽培せず、除草管理ばかりしていた。
放置する気は無いのだが、何も作付けず土地を維持するだけならば、もっと作業コストを
減らせるよう、防除のタイミングを合わせられるようになりたい。
 
  
いや、そのスキルよりもやっぱり野菜を育てる事のほうが大切ではないか。
植えたら草取りなんてやらざるを得ないのだから。ここ二年、土の換わりゆく様ばかり
観察して肝心の作物は・・・のままであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1646