田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #337 大ハズレ

#337 大ハズレ

| トラックバック(0)

安請け合いをするものではないなと思う。
動かないのがあれば直すよという話を知り合いにしたら、丁度故障中のポンプが
あるというので引き上げてみたものの、かなり手強いものだった。
現状、とりあえず動くようになったものの、まだ調子が出ないので、また分解
しなくてはならない。
 

引き上げる際、『確認のため途中までリコイルを引いたら、それ以上引けなく
なった。』という話を聞く。もしも機械的な不具合でロックしている状態から、
更に無理な力が加わるとヤバイことになるので、それ以上は何もするなと言って
おいたが、もう手遅れだった。

簡単だけど面倒くさい.JPG
 
このエンジンは、既に吸気側のロッカーアームが破損していた。
これでは始動出来るはずが無い。
 
 
 
 
 
アルミだと脆いらしい.JPG

ロッカーアームの新品は数百円なので、さほど部品代はかからない・・・という
問題では無い。そのロッカーアームが破損するにはそれなりの訳がある。
衝撃が入っている可能性が高いので、念のためタペットアジャストスクリューも
交換するが、いずれにせよただ交換しただけでは絶対に直らない。 

インレット固着してます.JPG
 
原因は、インレットバルブの固着。エンジンが停止した際に、バルブが開いた
状態のまま、長期間放置されると結露などによって発生した水がエンジン内部に
流れ込んで錆び、そのままバルブが固着する事がある。これは、その良い例だ。
こうなると、簡単にバルブは外れない。シリンダヘッドを外して分解し、サビを
除去し、ひどい場合はバルブの摺り合わせや交換まで必要になる。また、バルブが
固着するケースでは、ステムシールも潰れている事が多いので、そこも交換して
おかなければ、オイル下がり(ヘッド周りの潤滑油が燃焼室に入り込んで燃える現象)
が起こりやすくなる。
今回は、バルブコンパウンドとタコ棒を持っていなかったので、仕方なくサビと
カーボンの複合物を除去したのみで元に戻してしまう。ダメだったらまたバラすのみ。
(タコ棒とコンパウンドは後に入手済み) 
 
 
エアクリーナは、やっぱりボロボロに劣化していた。 
 
定期的にメンテを.JPG
 
ここが正常なだけでも、固着は防げた可能性が高い。
空気の吸い口という、エンジンの仕組みでいうと最も上流部分且つ、メンテが簡単
な部分なだけに、ココくらいは知識があろうとなかろう手入れして欲しいものだ。
でないと、他の重要部分がどんどんやられてゆく。
 
 
キャブレターは、見た瞬間にダメと判断出来る。
 
ってことは~.JPG
 
メインベンチュリがこの状態なら、内部は絶対にダメだ。よく清掃した程度では
元に戻らないことも覚悟する必要がある。
  
 
予想通り過ぎて嫌.JPG
 
やっぱり。細かな通路がサビの塊や粉で詰まってしまっていれば、泡状のクリーナ
でもエアガンでも簡単には清掃出来ない。メインジェットやエマルジョンチューブ
、エアベント・パイロットエアー通路などは外側から清掃出来ても、スロー系統
などのキャブボディ内側にある細い通路がダメになっている場合は根気勝負。
それでもダメならキャブごと交換になる。
 
 

屋外放置の場合は、点火系統もやられる。
今回は、辛うじて火花は飛んだが、点火しなくなるのは時間の問題と思われた。
 
ここは磨いておくべし.JPG
 
トラマグ(点火用コイルと、一時電流発電/開閉スイッチングのマグネトーとが
一体になった部品)の点火検出部分と、フライホイールの磁石がサビサビに
なっているので、ここもサビをしっかり落とす。再度組み付ける際は、クリア
ランスを0.5mm程度に調整しておく。
 
 
 
ポンプは、土の上に置いて使う事も多く、置きっぱなしにされやすいので、
やはりファンカバーの内側にも土が詰まっていた。リコイルも汚いが、
一応正常に動く。
 
地べたで使うと仕方ないかな.JPG
 
 
土が入ったまま、屋外に2年も放置されていたそうだ。放置するのが機械にとって
一番良くない。
 
 
一連の作業を行って再度組み立てたものの、運転状態を見ると混合気がどうも
薄い。アイドリングも出来ず、ハンチングを繰り返してはしばしばエンスト。
低速で使う事の多いポンプにとってこれは致命傷。他にも、フロートチャンバー
や燃料コックからガソリンが少しずつ漏れてくる。三菱の汎用エンジンは、コック
からの燃料漏れが随分昔から異常に多い。これは、世代がひとつ前のGMエンジン
だが、現行のGBでも改善された様子は無い。カップ周りのシールの弱さを何とか
してくれないか。その症状に出くわしたのは、これで5台目なのだが。
あと、何でこのエンジンは排気マニホールドのガスケットが入っていなかったの
だろうか?組み立てミスなのか、持ち主が外してしまったのかは判然としないが
いずれにせよ追加注文する部品は増えた。
 

とにかく、ただ動いているだけで、マイナートラブルの権化のような状態なので
やり直し。片手間なのだが、早めに仕上げたい。
 
 
本当は、ちゃんと直して然るべき手間賃をもらうべきなのだろうが、これは分が
悪い。普通の機械屋なら、こんな状態では手間が合わないので買い替えを促すだろう。
再生業者なら、しっかり直して転売すれば作業に見合った収益を出せる。
でも、自分はどちらでもない。ただ、【直す】と言っただけ。無理だと突っ返す
のは簡単だが、それは嫌だ。とにかくしっかり直そう。どんな状態だったかも
写真つきで説明しておこう。

一応は仕事。あまり技能を安売りして疲弊するだけなのは良くない。
そこを理解して貰わなければ、まともな仕事など入ってくる訳が無いのだ。
 
 
 
あれ?職業・・・まあいいか

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1569