田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #335 クロスハッチ

#335 クロスハッチ

| トラックバック(0)

田んぼに水を張る前に、もう一度トラクタを入れる。
土塊をなるべく細かくして、荒代かきは省略する予定。

ただ、この作業はどちらかというと、田んぼの平面を出す目的の方が強い。
昨年は耕し方が下手だったので、田んぼの土の高さが不均一になり、イネの生育や
雑草の発生状況に非常にムラが出てしまっていた。
それを修正すべく、これまでもなるべく面出しを意識して作業していたのだが、
震災で、面の高さがまた狂ってしまった。 周囲の傾向を見ていると、どうも
東西方向に長い田んぼはその影響を受け易いようだ。自分のところはまだ軽微なの
だが扇状の田んぼ二枚の下段側は、もともと特に土の偏りがひどく、これまでに修正
しきれていないかったので、昨年と似たような状態にまで戻ってしまった。

ばってん耕法.JPG
 
相変わらずセオリーの通じない田んぼ。今回は、田んぼの中央方向に向かって土を
引っ張ってゆくように考えて作業した結果、バッテンを描くような耕し方となった。
その後、長手方向に隣接耕を行って、幾分かは改善されたようだが、結局のところは
水を張ってみないと判らないし、また余震で狂ってしまうかもしれない。

 
車道に面した二枚の田んぼは、縦横に浅く耕す。
面はまあ、昨年よりはマシになっていると思う。

平らなんだろうか.JPG
 
しかし、車道には地震で亀裂が入り、その隙間が少しずつ広がっている。
どうやら、用水路がある方向に向かって地面が沈下しているらしい。
田んぼは二枚とも、用水路と隣接している。栽培中に、面がどのように変化してゆくか
興味深い。それと、やけに土が乾いているのも気になる。水持ちが悪くなっているの
だろうか・・・。とにかく早く水を張ってみよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1564