田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #321 不足せしもの

#321 不足せしもの

| コメント(2) | トラックバック(0)

原発の報道が気になろうと、給油待ちの車が大渋滞を起こしていようとも
なんとか通常ペースで生活している。
 

だが、ここへきて、お米の問い合わせが増えてきた。
この震災の混乱から、関東では入手困難になってきているらしい。
随分前からメガネ米の在庫は切れているのだが、要望にある程度は応じられる
よう、親分のところに頼んで仕入れてきた。

緊急入荷.JPG

本当なら、被害の激しい地域の人たちに食べていただきたい位なのだが・・・少ない
量の米しか収穫できなかった事がまず情けない。だが、そう思ってもどうこうなる
ものでも無い。もっと前向きに自分の出来る事を考えながら生活しよう。
 
 
ちゃんと食べて、休んで、少しは体を動かさないと不安になるばかりなのは、どんな
人でも同じなのは理解出来る。だからといって、食品の買い占めに走って混乱を助長
させる人もいるのは、なんとも悲しい。そして、売り惜しみするのも同じ。
 
 
世間が混乱している時だからこそ、自らのあさましい行いを深く省みることにしたい。
幸い、まだ考える時間だけはあるのだから。

 
ところで、隣番停電のせいか、発電機の需要も増え続けている。
先日修理した発電機を持ち主へ返送すると同時に、また一台入る。
と言うか、この折に至っても発電機を放置していた人がいたので見かね、
『直すから使え!』と言って持ってきてもらった。

慌ててもこれでは役に立たない.JPG
 
 
然し、これを直したところでガソリンは品薄だ。

給油制限10リッター。給油を何時間も待っている間、アイドリングで燃料を無駄に
消費したら、差し引き何リッター給油出来たことになるのか。更に長蛇の車列は他の
交通も妨げる。交通が滞れば、そこでも燃料は無駄使いされる。そして、スタンドに
並ぶ車は増え続ける。それでも買えなければ、給油可能なスタンドを探して放浪・・・。
浪費が浪費の連鎖を呼ぶ。これを地震のせいにしたらいけないのである。


どうして、例えば何人かの人が携行缶を持ち寄って、一台の車に乗り合わせて
給油しに行くとか、そいうった発想が出来ないのだろうか。
スタンドも側も、日ごとの台数を制限の上、整理券を配ったりして混乱を回避するなど
周辺環境への配慮をすべきなのだが
  
 
今、被災せずに慌てている方々は原発危ないとか、エネルギーシフトがどうこう等と
のたまう前に、まず自分の周囲で起きている事をよく考えた方が良い。
生活物資より、思慮が足りていないかもしれないのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1492

コメント(2)

えっとね、こちらの事情からいうと
「携行缶」をもともと常備している人がほとんんどいないのと
携行缶を購入することすら困難という部分がありますね…。
今回経験してみて、自転車&携行缶、カセットコンロ&ガスボンベの
必要性を強く感じました!
うちはみちょの学用品をまだ揃えてなくて
お店が全然再開のめどがたってなくて…新学期早々筆箱なしかも(笑)
そちらもがんばって!

被災地よりのコメントどうもありがとう。
もう小学生ですか・・・って、やっぱり色々と混乱してますね。
米は足りてますか?必要なものがあれば伝えてください。

と、残念ながら携行缶は送れないけれども、筆箱とカセットガスくらいなら。

まだまだ気を抜けない状況ですが、元気でいてください。