田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #309 たまには見上げて考える

#309 たまには見上げて考える

| トラックバック(0)

いつも親切にしていただいている知人のお義父さんが、とある農機メーカーの方々と
懇意だという。そんなきっかけで、今日はそのメーカーの農機センターに連れていって
頂いた。毎度ながら、人の縁に感謝するのみ。
 
 
 
しばしの懇談時間を割いていただけたので、センター上役の方々と話をする。
とは言っても、こちらは新品の大型農機とは無縁の青二才。お客さんを紹介するなど
以外での仕事上で、どこまで関わりが持てるのかは、まだ未知数である。とにかく、
自分と、メーカーとが似たような視点で活動出来るものを探す必要があるだろう。
まあ、心当たりは少なからずあるのだけれども、それが商業ベースとして成立する
ものかどうかも、こちらで判断出来る訳では無い。

大きな組織が動くには、それなりのリスクも伴う。だから市場や世間の動向をよく窺う。
ムーブメントの下地があれば、決断も下し易いが、全く何も無い所へは、なかなか
打って出れない。

こちらは小回りが効く。新たな取り組みから拾い集めたものを、日々の活動にフィード
バックさせてゆくのは最も得意な事だ。それと同時に、対外的な発信を行えば、少し
だけ相手の背中を押す事に繋がるかも知れない。

それだけ意識していれば、別に闇雲に動く必要も無い。
時間をかけていくうち、補完しあえるようになれれば良い。

 
 
 
とまあ、非常に良い機会でした。
(撮影の許可は頂きましたが、今回写真の掲載は見合わせました)
部品の相談や展示会の際などにも、またお邪魔させてください。

 
 
 
  
 

好評につき、また野鳥の写真。
 
サファリパーク状態.JPG

アオサギ。
珍しくもない鳥だが、やっぱり大胆。
常時作業中のトラクタの傍にいる。隣の田んぼへ移動してもついてくる。
かわいいけれど、少々邪魔だったりする。なついてはくれないだろうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1357