田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #298 春への支度

#298 春への支度

| トラックバック(0)

前回、土づくりが中途半端のまま、予想外の作付けを行ってしまった反省より。
何も植わっていない残りの区画に資材を投入しておく。要するに泥縄なのだが
思い立ったがなんとやら。

いささか泥縄か.JPG

今日は一段と寒い。もう冬なので、有機物を沢山入れても分解が進まない。畑を
肥やすよりも、土質改良に重点を置き、モミガラ燻炭や草木灰を多めに鋤き込む。
奥の草地になっている部分には、カキガラ石灰を撒いて浅く耕耘機で土を引っ
掻いておいた。ネギやニラ、食べれる雑草には、追肥としてヌカを施用しておく。
 

ところで、自分は作物を植える時よりも、こうやって土作りをしている時の方が
好きだという事に最近気づいた。だから、こうして区画が沢山残っている訳で、
下手をすると雑草を育てるために、資材を投入しているという事になりかねない。
こうして、何時でも植えれるような状態に畑を保っておかねば無駄が増えるばかり。

 
 
ところで、畑の一部は友人に使ってもらっている。(自分も手伝う)
先月から今月にかけて、マルチ2列ぶんのタマネギを植えた。

それっぽい絵ですね.JPG

当然だが、草はほとんど出ない。春先が近づけば近づくほど安心出来る。
換金作物を育てるのにはやはりこれが不可欠と言える。

マルチは大風の日があると心配だし、張ったり巻き取ったりするのも面倒等と
つい思ってしまって敬遠している自分だが、それは怠け者の戯言かもしれない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1313