田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #292 完全なる趣味の時間

#292 完全なる趣味の時間

| トラックバック(0)

創作の季節がまたやって来た。

毎年、少しずつ作風も変化しつつあるようだが、いかんせん作品は出来たそばから
人に渡してしまうので記録があまり残らない。
やはり、手元にあるうちに写真を撮っておこう。


季節ですね~.JPG
 

週末に、5個作成。うち一番の力作は・・・もう人に渡してしまった。
 
 

リハビリを兼ねて作ったのがこれ。それなりに可愛らしいか。

相当に小さいやつ.JPG

稲穂を見ると判るが、とても小さい。
それでも、意外と存在感はある。アジサイ・伽羅木・千日紅・スターチスなど
使い慣れた材料ばかりなので、短時間で作れた。作っている最中は、相変わらず
何も考えていない。

 
 
こちらは、やたら繊細。完成したそばから小さな葉が散ってゆく。
フレームが華奢だったので、装飾も極力それに合わせたつもり。 

料理に使えるんです.JPG

他の特徴としては、料理に使えるハーブばかりで出来ていること。
使ったものは、ローズマリー・ラベンダー・山椒の葉・月桂樹など。
冷蔵庫に引っ掛けておけば、重宝すること間違いない・・・はずなのだが、なんだか
キッチンリースとして使う気になれない。配色を明るくし過ぎたようだ。
 
 
ちなみに、この2作品はクリスマス感を控えめにしているので、比較的長期間飾れる。
鈴やリボン、松ぼっくり等を多用すると、ゴテゴテして躍動感が薄れてくるので、
それ専用に作る場合でもワンポイント程度に留めるのが自分なりの美学。
 
 
 
等と書いていて気づいたのだが、この話題、普段の機械ネタとのギャップが激しい。
同一人物がやっていると本当に信じてもらえるのか?
 
 

 
今回は、何人かの友達と一緒に作ったが、やはり売ればいいのにと言われる。
それを言うついでに、買ってくれる人を紹介してくれれば良いのになと思う。
 
 
これらを売るのは、米を売るより難しい。生活必需品ではない上に飾れる期間も
限定される為、客層が相当上になってしまうのだ。
過去、フリーマーケットや地域のお祭りで何度か販売を試みたものの、見向きもしない
或いは気に入られても派手に値切られるなど、ことごとく不発であった。
決して、高い価格設定をしたつもりは無いのだけれど、安く物を買いたい人達が大勢
集う場所では歩が悪過ぎる。
 
 

まあ、無理に売るような物ではないか。配って喜んでもらう方が心中穏やかで良い。
それでも一応PR程度はしておくか。
 
 

ご要望あれば、作成いたします。値段は・・・品物を見て決めてください。
ワークショップなどの依頼に関しても、ご相談承ります。
 
 

と言うか、本気なら連絡先位は書いておけという突っ込みが聞こえてきそうである。
米もそうだが、私と面識の無い読者から注文を取るとどうなるのだろうか?


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1293