田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #290 畑の様子がおかしい

#290 畑の様子がおかしい

| トラックバック(0)

今朝はかなりの冷え込み。もう冬が近いのをひしひしと感じるようになった。
しかし何かおかしい、露地の夏野菜が全く枯れないのだ。


ここはその一角。まだまだ青々と茂るオクラ、ピーマン、トマト、ナス・・・。

そろそろ冬なんだけどさ~.JPG

それは確かに今まで色々と土づくりをしたつもりだが、植えてから相当に時間も経った。
そしてこの寒さ。全く判らない。何でこうなるのかと聞かれてもこちらが困ってしまう。
とにかくこいつらが歳をとりにくいのは羨ましい。

 
 
まずオクラ。

まだ咲くんですか?.JPG

まだ次々に花が咲き、少しづつ実も成長し続ける。
適度な大きさのものは、ちゃんと食べられる。
 
 
 
次はピーマン。
 
 
こっちはまだ採れるし.JPG
 
 
小ぶりだが、まだ幾つも収穫できる。先週も収穫したというのに。
味は少し苦味が強くなっているが、不味い訳ではないし、日持ちもする。
 
 
 
 
次はトマト。
 
流石に赤くはならんか.JPG
 
 
トマトより先に、支柱が腐って無くなった。ものすごい太さの茎が地面をのたうち回る。
花は次々に咲くものの、実は赤くならない。流石にこの気温では無理なのか。

 
 
 
以前、少し紹介したナス。 
 
 
だから何でだよ.JPG
 
 
葉は弱ってきているように見えるが、花が咲き続け、このサイズよりも大きいものが
まだ採れ続ける。今日は6本収穫。大きすぎるものは、種が出来ているかと思ったが
切ってみると別に普通だった。これで頭を引っぱたけば痛い位異様に固くしまっている。
味は適度に甘くてエグ味は無く、生食出来るほど。焼いても煮ても良し。これは良い出来だ。何でかは知らないが。
 
 
 
ここまでの傾向としては、ナス科の植物が多い傾向のように思うが、それは違うようだ。
家に帰っても変なものは変なのだ。
 
 
これは、住まいの傍に植えてある大葉。
もともと強い植物だから気にしていなかったが、ここは日当たりも悪く(撮影時間は、
午前11時過ぎ)、寒さのきつい場所なのにも関わらずこの勢い。
  
何か君も変だ.JPG

3株しか植えていないのに、この茂り具合。子供の背丈もゆうに越えている。現在が
開花のピークのようだが、それって本来は9月の下旬とかでは?
同時に新しい葉も次々に出てきており、それらはまだ軟らかいので食べられる。
そして、同時に実も食べられる。便利だけれども、やはり腑に落ちない。

 
 
こちらは野菜ではなくマーガレット。
 
 
液肥の広告みたい・・・.JPG

寒いから枯れるといった類の植物では無いが、やはり勢いが良すぎる。
もはや植え込みの木といった様相だが、これも3株しか植えていない。
夏場に剪定しても、すぐに元以上の大きさになってしまった。
 
 
 
これらは、特別な品種でもなんでもない。肥培管理も、家と畑では異なる。苗だって
その辺の店で売っていた安いものが、こう育ったのだ。観察癖があるせいで、世間一般の
収穫適期を過ぎても放置していた結果だが、まさかこんな事になるとは思ってもみな
かった。作物の勢いが激しすぎて、雑草が生える余地も無い。時期が外れすぎたせいか、
あまり虫もつかない。どれも一人勝ち状態である。

引き続き、この理由を検証し、是非とも今後に活かしたいものだ。
 
 
それにしても、イネもこれくらい成長してくれれば良かったのに・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1290