田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #280 後片付けってやあねぇ

#280 後片付けってやあねぇ

| トラックバック(0)

件のPCが元気なうちになんとか更新をしておこう。
 
 
コンクリートを除去した後、もともと乗っかっていた屋根の改修を行っていたが、やっぱり
見れば見るほどテキトー過ぎる構造であり、手直しも容易でない。
 
 
一応、屋根の四隅には三寸角の柱のようなものが入ってはいる。

強度という概念は何処へ.jpg

しかし、これが全くと言って良い程何の役にも立っていない。
通常なら、横方向に入っている垂木を支えつつ、台座の後の鉄板にしっかりと固定されるべき
部材なのだが、長さは中途半端で、他の部分とは何となく繋がっているだけ。
これでは強度クソも無い。大風でも吹けば、やねは木骨ごとバラバラに外れてしまうかも知れない。

 
更に、ゆかめんの砂利を除去してみると、柱の根元の面が設置していない。
これには大工さんともども唖然としてしまう。

屋根の柱浮いてるとか.jpg

『まったく、セッチン大工だねえこりゃあ。』

「セッチンって、厠(かわや=お手洗い)の事ですか?」

『良くしらんけども、いい加減な仕事ばかりする奴の事をそう呼ぶんだよ。』
  
 
なんにせよ、良い言葉では無い。
便所を汚して出た人の後に入ったのでは、用を足す前に尻拭いをしなければならない。
今にして思えば、正に、この工事全般において、そんな感覚に近いものがある。
  
 
 
とにかく、この改修に数日を費やし、ようやくトタンが張りなおせる状態にまで漕ぎ着ける。
 
固定完了.jpg
 
 
随分とまともに見えるようにはなってきた。あと少し。
屋根が何とかなれば、工事の途中であっても稲刈りは始められる。
 
 
 
収納に便利だけど.jpg

ちなみに、外側のトタンが外された後に出来たスペースは収納に非常に便利。
工事機材を全てここに納めても余りある。完成後もここをなんとか確保したいが、
時間的な余裕も無くて残念だ。
 
 
 
 

それはそうと、ここで軽い実験経過の報告。


育苗期間中の低温障害を耐え抜いたイネと、そうでないものの生育比較。(あきたこまち)
 
同じ品種、田植え日も同じ.jpg

生育は、相変わらず低温耐性のあるイネのほうが順調。既に刈り取りが可能な状態にまで
なっているが、通常の苗はまだ緑色で次々と穂が出てくる最中。大体二週間程度生育速度に
差がついたようだ。刈り取り時には、穂の状態も確認しておこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1258