田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #279 ザルに戻す

#279 ザルに戻す

| トラックバック(0)

最後に田植えを行ったザル田も、穂が揃っているので、畦畔板を抜くことにした。
まあ、抜かなくてもこの天気なら田んぼは乾くと思うが、だからと言って放置は出来ない。
 
 
田んぼの周囲は、それなりに草が伸びているので、まずそれらを刈る。

文句が来ない程度にね.JPG

稲刈り前につき、例によって全体は刈らずに、だいぶ草を残しておいた。
刈ったのは畦畔板が刺さっている周囲と、農道に面する土手。
 
 
 
これで、畦畔板が入っている箇所が良く見えるようになったが、そのままでは意外と抜くのが
大変な箇所もある。 
 
ホント泣かされる.JPG

漏水の激しかった部分では、板を深くまで挿してあるため、、元々のアゼとそんなに高さが変わ
らない。そんな部分は、畦畔板をまたいで、雑草が田んぼに侵入していく。そのため、その乗り
越えた茎が引っかかって板が抜けなくなってしまう。

板をまたぐのは、スズメノヒエの類ばかり。何をするにしても邪魔ばかりしてくれるので鬱陶しい。
こいつらを鎌で千切ってから、板をいっぺんに抜いていく。


入れるよりは楽か.JPG

それでも、板は60mも入っているので、抜くのも巻き取るのも面倒なのに変わりはない。
入れるのよりは楽なのかも知れないが、この暑さがキツい。
 
  
なんとか抜けました.JPG

今回は、始めた時間が遅くなってしまった。母が手伝ってくれたにも関わらず、作業の終わった
時刻は11時半。その時点でだいぶ消耗してしまい、午後は作業がはかどらない。もっと早起き
するために今日は早く寝よう。
 
 

こんな暑さが続く中で、これから一人で稲刈りをするのは気が進まない。
やっぱり、気分的には10月前後に行いたい。その頃なら昼夜の温度差もあるし、真夏に刈る
よりかは、コメも美味しいかも知れない。台風を食らう覚悟で、来年も遅植えするか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1255