田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #271 空中石切り場 

#271 空中石切り場 

| トラックバック(0)

盆を挟んで、かれこれ3週間ばかりコンクリートと格闘しているだろうか。

最初に屋根に上った時は、余りにも砕く面積が多いので気が遠くなりそうだったが、
ちまちまと作業し続け、ようやく次の作業に取り掛かれそうな所まで来れた。
 
 
この間からは、ハンマードリル(削岩機)だけでなく、長いハンマーとバールも併用して
砕くようになった。

よっこらしょって絶対言う.jpg

前にも書いたように、砕きたいのは、元々の屋根の上に分厚く堆積したコンクリート。
この部分は強度が無く、乗っかっているだけなので、隙間にバールを突っ込んでこじり、
浮き上がった所にハンマーで打撃を加えると、ボロっと簡単に欠くことが出来る。

 
 
この方法にしてから、ハツリ作業が急に早くなった。

まだ壊せる.jpg

コンクリの厚みが増え、強度が増してきても、ある程度までなら普通に壊せる。
しかし、屋根の全面(建物の入り口側)に回り込むにつれ、次第にきつくなってゆく。
 
 
  
ここは、コンクリートの厚みが平均30cm以上あり、良質な玉砂利も混ざっていて異様に
強度が出ている。ハンマードリルでも人力でも なかなか壊れてくれない。
 
角材とバールとハンマー気合い.jpg
 

しかし、粘り強く叩き続けた結果、全体を分断する大きな亀裂が入った。
 

ここに、バールを叩き込み鉄パイプをかけてこじって、大きな塊を少しずつずらして隙間を確保。
更に、底に3寸角(太さが9cm四方)の材木を突っ込んで、テコをかけて端を浮かす。
その、浮いた部分にコンクリートの破片を詰める。
 
 
 
人力にかなうものなし.jpg

そして、ハンマーを振り下ろしてみると、面白いように割れていく。

無論、人力なので体力は使うものの、機械をあまり使わずに作業が早く進んだりすると
何となく、『してやった』 感覚があって充実感がある。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1245