田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #263 出来るだけしか出来ないけれど

#263 出来るだけしか出来ないけれど

| トラックバック(0)

数日前から早稲に、花がつきはじめている。
生育も順調。8月の下旬には収穫出来るようになるだろう。

早稲に花がついた.jpg
 
この田んぼは、肥料も上手い具合に効かすことが出来た。
雑草害も少ないので、収穫以降の管理は、ここと同様に行う田んぼを増やそう。
 
 
 
こちらは、昨日のイベント用田んぼ。
この日は、生コンを乾かすために工事はお休み。
田んぼで作業するのはほぼ一週間ぶりとなる。
 
一ヶ月で元通り.jpg
 
 
前回の草取りから一ヶ月強。
その間に、草は田んぼを埋め尽くしてしまったので、再びみんなで草取り。

 
 
向風学校のメンバー同様、参加者は都心部を中心に様々な所から田んぼに集う。
参加車の日程調整にも苦労されているようだが、毎回こうして訪れてくれるのは
有り難いこと。

こちらも手間があれば、向こうの調整がつかない場合は、作業を代行したいとも思うが
なにしろ、一人だし、農作業のみでなく、機械整備・炊事・洗濯・掃除・買い物・工事と現在は
状況が状況だ。出来ることにも限度がある。

しかし、勝手に自分で始めた仕事。無いものねだりをしても仕方が無い。
いかにして単独でもまともに作業をこなせるようになるかを意識し続けてゆけば、助っ人が
来たときには、出来る事が更に増えるだろう。そんな修練をしていると思えば良いだけだ。
 
 
 
おっと、草取りのほう。
こちらは連日の工事疲れか、少し遅れて作業に参加。
流石に、半日では草は取り切れないが、黙々と懸命な作業が続く。
昨日も暑かったが、音を上げる人もいなかった。

各々が出来ることを出来るだけやる。そんな雰囲気で、この夏は過ぎてくようだ。

差し入れには、よく冷やした胡瓜とスイカを持っていく。
夏の田んぼならば、そんな感じの物の方が風流な気がしたからだ。
忙しくても、気の利いた心配りが出来るようになりたい。

どんどん取りましょう.jpg
 

 
草取りの設定は2回なので、次回のイベントは稲刈り。
おそらく9月の中旬以降になるとは思うが、生育状況の予測がまだ難しい。
コシヒカリの穂が出たら、直ぐに連絡して調整しておこう。
今回の除草が、どこまで収穫量に効いてくるか、今後も目を離さずにいよう。
 
 
 
昨晩と今晩は雨が降った。
涼しい風が吹き込んでくる部屋で眠る時、とても清清しい気分になる。
これからも、そんな感じの幸せを感じられれば、それで良いんじゃないかなと思う。
 
 
 
毎日、【厳しい状況】だとも表現出来るのは事実。
だが、それによって、もどかしさや焦り、不安ばかり感じるという事は全くもって無い。
ただ、この様子を他人が見れば、こちらの感覚よりも遥かに大変だと意識されるようだ。
 
 
それで思うのだけれども

【常に出来ることを出来るだけ行うというのなら、どんな時代に生きていて何をしていようが
大変なのは同じなのではないか。】
  
と言う事。
 
 

ならば、全てにおいて【大変】だといちいち捉えていても疲れるだけである。
なにより全く面白いという気持ちになれない。


きつい・つらい・大変だ・忙しい・なんとかせねば・・・・こればかり考えていたら疲弊して自滅
するに決まっている。また、その影響は他所にまで伝播しやすい。、
 

一億総評論家だかなんだか知らないが、問題意識ばかり高くて、楽しむ事にさえ真剣に
なれずにいる人が増え続けてているようだ。
  
 

『先が見えない現代。若者達は、活路を見出せずにいる。』


うるせえ。そんな事は誰でも言える。 頑張っている人達までひとからげにそう扱いやがって。
それを毎日言われ続けていたら、一体誰がマトモに働こうって気になるってんだ?

 


少しは考え方を変えてみる余裕を、望めるようなご時勢ではないのか。
それとも、ただ考えるのを放棄しているだけなのか。
 
 
人間が人間の可能性を信じれれば良いだけだろうに。
それが難しいからといって、放り投げている行為こそ、【人のせい】に他ならない。
 
 
 
・・・もう、これ以上偉そうな文面は思い浮かばない。
ヒートアップする機会も多々あれど、それでは身が持たないので直ぐに眠くなるのだった。
 
 

あー涼しいなぁ。エアコンの風なんて嫌いだな~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1218