田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #262  7がつ24日 土よう日  はれ

#262  7がつ24日 土よう日  はれ

| トラックバック(0)

きょうは、ぼくのいえにコンクリートミキサー車がやってきた。
なまコンのだいざのあとのぢめんに、あたらしいなまコンをながして、かんそうきを
おけるようにするんだって。

往年の光景か.JPG
 
 
ミキサー車にきてもらったのははじめてだけど、ちかくで見れてうれしかった。
かっこいいから、しょうらいはミキサー車のうんてんしゅになりたいなと思った。
 
 
 
とまあ、生まれて初めて生コン業者を呼んで、3.5立米ほど落としてもらった訳だが、
もし自分がまだ小学生だったら、こんな風に迷わず夏休みの日記のネタになるだろう。
更に絵日記よろしく落書きでもして載せようかとも思ったが、面倒なので止めた。
 
 

ここの敷地は元々生コンのプラント。
生コン車が出入りしていると、プラントが動いていた往時の様子をい見ているようで感慨深い。
 

 
積んで出発?.JPG

この写真など、まさに生コンを積み終わり、現場へ出かけていきそうな雰囲気すらある。
しかし、ここへ思い切り生コンを流し込む事になるとは、誰が想像しただろうか。

 
 
コンクリを打つ下地には、ビニールシートとワイヤーメッシュを引いてある。
生コンを張り込んだら、打ち込んだ鉄筋の目印に高さを合わせるように広げていく。、

私の入る余地は・・・.JPG

コンくリートの厚みは平均で10cm程度に設定。作業場に水が入ってしまっても、入り口に
向かって逃げるよう、若干の勾配もつけてある。
 
 

ほぼ広げ終わったら、今度は平坦に整える作業。
  
農家必須のスキル?.JPG

ここは、会長単独で行ってもらった。その間、こちらは足場づくりの続きを行う。
本当は自分でもやってみたかったのだが、夏場で固まるのもやたら早く、トライアンドエラーを
している時間が無かったのだ。悔しいので、以降は小規模なところからちまちまと自分で
モルタルをこねてやってみよう。

 
 
 
ある程度固まってきたら、仕上げ。
  
 
何でも出来る人.JPG

この方は左官屋のようだが、本職は養豚業。日頃から豚舎の建設や保守、回収などを自ら
行い続けた結果、身についたスキルだそうだ。

農家さんは、このように何でも出来る人が多い。
何でも出来るから【百姓】なのだと、よく言われているのも判る気がする。
無論、自分の目指すべきものも、ただの生産者ではなく百姓なのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1217