田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #254 怖い 手強い クログワイ

#254 怖い 手強い クログワイ

| コメント(2) | トラックバック(0)

今日は、要塞田んぼの上の田に除草機を通す。

昨日から、水位は下げておいたつもりなのだが、水が落ち切らず中途半端な状態に。
しかし、明日からこの一帯は一斉空中防除((ラジコンヘリによる、農薬の一斉散布)時期と
いうこともあり、田んぼへはあまり出たくないので、そのまま作業することにした。
 
 
田んぼは、クログワイの沢山生えてきて見苦しい部分も結構目立つ。
この辺りでは、線香草などと呼ばれる事もある、代表的な水田雑草だ。

クログワイ最悪.JPG

そして、困ったことに、この草が生えている場所は、やたらとイネが倒れやすくなる。
しかも、コイツが多いのは、日当たりも風通しも良くない場所だったりするのだから、余計に
タチが悪い。

 
クログワイゾーンに除草機を通してみると、この通り。普通は傾いた状態で、大方のイネは
持ち堪えてくれるのだが、クログワイが多い箇所では、かなりの頻度で、イネがべったりと
水面に張り付いてしまう。この状態になると、、起き上がるのに時間がかかる上、雑草の残渣が
イネに絡みつきでもすれば、更にイネへのストレスが増えて被害が拡大する。仕方無いので、
除草機を通した後は、出来るだけイネに付着したゴミを取り除きながら手で起こしてやる。


起きろ~.JPG

昨年から見ていると、、クログワイが周囲に生えていると、イネは何故か分けつがひどく少なく
なり、ひょろ長く上にばかり伸びようとする。その様子は、クログワイから逃れたがってもがいて
いるようにも見えなくも無い。

この田んぼは、一昨年まで全く雑草管理をせずにイネが栽培されていた場所。
昨年は、あまりの雑草のひどさに閉口たものだが、今年も全くその傾向に変化は無い。
今年は、稲刈り直後と真冬にしっかりと耕起をして、雑草を減らしておかなければ。
 
 
こんな状態なので、初期の水温管理に気を遣ってみるなどの工夫はしたものの、
初期成育は非常に良くない。もう除草機は入れたくないのだが、イネが育ってしてくれないと
いつまでも雑草が増え続ける。反収2俵程度だった昨年よりもマシな状態とは言え、収量が
良くないのは今年も覚悟しておかなければなるまい。

もともと死ぬほど雑草まみれだったの田んぼで、除草剤を使わず栽培するのは、皆が想像
している以上に困難である。というか、普通に考えれば無謀である。そして、それを知った
上で、ここで採れたコメを食べてみたいと言う方も、だいぶ奇特だと思うのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1206

コメント(2)

福島県でコシヒカリを無農薬で作っている者です。
クログワイにはずいぶん泣かされています。
対処方法があればご教授願います。

吉田さん

はじめまして。当ブログが何かの参考になればと思います。

クログワイは、生えてきてからの防除が困難なので相当に手を焼かれていると
お察しします。冬場に、深めに田を耕し、ある程度種子をほじくり返して
寒風に晒しておき、春の代かきは水を多めにして行うと、結構クログワイの塊茎が
浮かんできます。そのまま放置しておくと、腐って死んでしまうようです。
代かきを繰り返すと、発生は減るようです。

この方法だと、深度のあるところから出芽するものに対しては効果が期待できませんが
本気で根絶を目指すような場合、プラウやサブソイラなど鋤の類で天地返しを行うと
良いそうです。私はプラウ類を持っていないので何とも言えませんが。