田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #245 雑草だけでもない

#245 雑草だけでもない

| トラックバック(0)

チェーン除草機を引っ張ってみる。


まだ大きく育ってはいないが、コナギのびっしり生えてしまった田んぼから試す。

引いてみましたよ.JPG

一人でも、簡単に引く事が出来る。これならもう少しチェーンのコマ数を増やしても
大丈夫そうだ。
 
 
 
通した後は、抜けた雑草やちぎれた葉が浮かんでくる。
イネは全く抜ける気配もない。

 
これでもまだまだ.JPG

しかし、コナギの場合、双葉がある程度まで大きくなってしまうとほとんど抜く事が
出来ないので効率は良くない。やはり、田植え後1~3週間以内が勝負どころだろう。


それなりですね.JPG

しかし、水中にまだ雑草が潜っているうちに、葉にダメージを与えられる事を
考えると、全く無駄という訳でもなさそうな気もする。定かではないが。
 
 
翌日は、間の田んぼ二枚でも、引き回してみる。
 
 
やっぱり初期専用.JPG

こちらは、まだ発芽して幾日も経っていないので、かなりの効果はありそうだ。
それでも、生えてきたものが抜けきる訳ではないし、後から出てくるものもあるので、
また数日おいたら、再度通しておくことにする。
 
 
 
今日見つけたのは、これまでとはだいぶ異なる草。 
 
 
み、水草!.JPG

フサモの類。マツモ同様に【キンギョモ】と呼ばれる事が多い。
完全な水中植物で、年中水がある場所でないと生育できない・・・はずなのだが、
魔の田んぼと要塞田んぼにはこれが生えている。

要塞田んぼは、湿地が隣接しているのでこれが容易に入り込んだ事は想像に難くないが、
例のドブ田は、用水とも落差はあるし、池沼も隣接していない。
と言う事は、相当に長い年月の間沼地状態になっているという事だろう。
やはり、田んぼではなく沼にイネを植えてしまったようだ。本当にコンバインで稲刈り
が出来るのだろうか?
 
 
 
とは言え、植生が単調でなくなるというのは、周辺の生物層も豊かになるということだ。
特に、要塞田んぼについては、昨年と様相が全く異なってきている。その変化の様子は
イネの成長と同じくらい興味がある。

作業しながら、生き物の観察が出来るという現在の状況も、良く考えれば幸せである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1189