田舎日記ホーム >>> 田舎生活 >>> 新規就農者ブログ >>> #238 田植え合宿①

#238 田植え合宿①

| トラックバック(0)

今回の向風学校田んぼ作業は2日間。
まずは初日の様子から。
 
 
まだ第二田んぼ(耕作放棄の復旧田)の田植えには取り掛からずに、第一田んぼの
アゼ修正、ウキクサ取り、草刈りなどの作業を行う。

 

土手刈りしよう.JPG
 
アゼ・隣接する土手ともに、だいぶ草が伸びている。
また、不法投棄防止のため、農道脇のヤブも刈り込んでおこう。

 
暑いときは注意.JPG
 
そろそろ暑い季節。単調な作業は無心になりやすく、気がつくと熱中症ということも
ある。頭には帽子をかぶるか手ぬぐい。こまめな休憩と水分補給を心がけましょう。
 
 
 
こちらは、鉄の熊手で草を除去する係。
 
おっとと.JPG

これからは中干し期に入り、用水が止まるので、田んぼへはしばらく注水が出来ない。
その際に、水位が下がり浮いている草の根がついてしまうと、以降の除去が困難に
なるので、この作業が必要になる訳だ。
 
 

途中から、調理と作業継続とに班を分ける。
昼食の材料を取りに畑へ。

 
お昼の準備.JPG

スナップエンドウも相変わらず元気。他にも、ルッコラやネギを収穫。
ジャガイモは、勝手に生えてきたものを抜いた。
  
 
I帽子って便利.JPG
 
袋が無くても、帽子いっぱい収穫すると丁度よい量。
使えるものは何でも使おう。 
 
土間で食事.JPG
 
 
あり合わせのつもりが、随分とまともな料理が出来た。けれど台所は手狭。
そのうち、外にカマドでも作って煮炊きをするのも良いかなと思う。
 
 
 
午後は、草刈りの続きと、第二田んぼでの作業。

前回から、2週間が経過しているため、再度代かきを行う。
トラクタの浸入が不可能な田んぼなので、ここでも除草機と均平板を使用する。
 
鍛錬の成果が!.JPG
 
 
使うのも何度目かなので、だいぶ慣れた様子。
長時間の作業にも、耐性が出来てきたコアメンバー。
  
 

 
こちらは暑さで疲れてしまい、途中から自然観察モードに切り替わってしまった子。
緑のツナギを着て、草むらの端っこでじっとしゃがみ続けていられると、なかなか
発見しづらい上に心配になるが、実際はカエルと遊んだり植物を眺めているだけだった。 
 
クローバー・・・.JPG

嬉しそうに見せられたのは、四葉のクローバー・・・ならぬムラサキカタバミ。

クローバーじゃないんだよと言ったら、悔しかったらしく今度は五つ葉の普通の
カタバミを探してくれた。同じマメ科の植物だからクローバーみたいなもんなので、
まあいいか。カタバミって何処にでも生えているけれど、雑草の名前を知らない人は
最近特に多くなってきた気がする。

それにしても、よく見つけるものだ。作業の進捗には全く関係ないのが残念だが。
 
 
 

二日目の作業は、別途報告予定。
 
 
 
 
リンク


向風学校
http://headwind.sc/archives/2007-06.html

安西直紀さんの率いる、ハイパーボーダレスエリート集団。(!?)
授業の一環として田んぼ作業を行っています。
今月号の、【月間生徒指導】には、ここの田んぼ作業についても掲載。


農作業ならびに他の活動の参加者も、随時募っています。
活動に興味を持った先生方や、コアな体験を希望する者は是非コチラに打診されたし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://inaka-nikki.net/mt/mt-tb2.cgi/1178